ボスケ(英語表記)Bosquet, Alain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスケ
Bosquet, Alain

[生]1919.3.28. オデッサ
[没]1998.3.17. パリ
ウクライナ生れのフランス,ベルギーの詩人,批評家,小説家。本名 Anatole Bisk。ブリュッセル自由大学,パリ大学文学部卒業後,ジャーナリストを経て,アメリカのブランダイス大学やフランスのリヨン大学の文学部で教鞭をとる。 1960~84年『モンド』紙の文芸欄を担当する一方,1961~71年には出版社カルマン・レビ Calmann-Lévyで文芸部長もつとめる。 76年アカデミー・マラルメ副議長,94年同議長に就任。おもな作品としては,詩集に『死んだ言葉』 Langue morte (1951) ,『第一の遺言』 Premier testament (57) ,『第二の遺言』 Deuxième testament (59) ,詩のゴンクール賞を受賞した"le Tourment de Dieu" (87) などがあるほか,小説『メキシコの告白』 la Confession mexicaine (1965) ,サルバドール・ダリと共著の『ダリとの対話』 Entretiens avec Dali (66) ,アカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞した自伝的小説『ロシア人の母』 Une mère russe (78) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスケ
ぼすけ
Alain Bosquet
(1919―1998)

フランスの詩人、小説家、ジャーナリスト。本名Anatole Bisk(e)、ウクライナのオデッサに生まれ、ベルギーで教育を受け、アメリカ、フランスを遍歴、1980年帰化。詩語の配列によって、外界の事物間の関係と、それらと主体との関係を組み替え、語と意味の関係を問い直し、詩語の再生と、その優越を前提とした、発語における詩人のアイデンティティの揺らぎを歌った。四つの『遺言』(1957、59、64、65)から『われなき明日』(1994)に至る多くの詩集のほか、自伝を含む小説群、エッセイなどの作品がある。フランス・ベルギー詩の詞華集の編集も手がけた。『ノタ・ベネ』誌主宰。[遠山博雄]
『窪田般彌訳『アラン・ボスケ』(『フランス現代詩29人集』所収・1984・思潮社) ▽S・ダリ、ボスケ著、岩崎力訳『ダリとの対話』(1980・美術公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボスケの言及

【庭園】より

…まず宮廷造園家の家系に生まれたモレClaude Mollet(1563ころ‐1650ころ)が,16世紀後半に刺繡(ししゆう)文様を生垣に写しとったような刺繡花壇を開発し,さらに17世紀にいたってA.ル・ノートルが,イタリアと違って主として平地に営まれた幾何学的構成をもつ庭園に強い軸線を導入して,ブルボン朝の栄華にふさわしい壮大な様式を完成させた。これが〈フランス式(整形)庭園〉と一般に呼ばれるもので,彼はボスケbosquet(叢林)で庭園の主部を限りとり,そこに刺繡花壇,大噴泉などを整然と配して無限へと延びる見通し線を造りだした。とくにこのために彼が活用したのは,カナール(水路)である。…

【並木】より

…ティボリ)やボボリ庭園(フィレンツェ)はその好例である。ベルサイユ宮殿などフランスのバロック式庭園では,園内に直交あるいは放射状に配したビスタvista(見通しの軸線)を強調してみせるため,主軸線の両側に樹木を密植して暗緑色の樹木の壁をつくり,これをボスケbosquetと称した。 並木や花壇を設けた公園風の都会の大通りはブールバールboulevardと呼ばれるが,もとは都市を囲む城跡を撤去した跡地などに植林し,幅広い並木道としたのが始まりである。…

※「ボスケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android