コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコ Bosco, Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスコ
Bosco, Henri

[生]1888.11.16. アビニョン
[没]1976.5.4. ニース
フランスの小説家。プロバンスの自然と生活に強くひかれ,事物の下に隠された神秘を探った。主著『ピエール・ランペドゥーズ』Pierre Lampédouze(1924),『ズボンをはいたロバ』L'Âne culotte(1937),『テオチーム農家』Le Mas Théotime(1945,ルノドー賞),パスカレ少年を主人公とする童話『少年と川』L'Enfant et la rivière(1955),『島の狐』Le Renard dans l'île(1956)など。

ボスコ
Bosco, Umberto

[生]1900.10.2. カタンツァロ
[没]1987. ローマ
イタリアの批評家。『レオナルド』『ヌオーバ・アントロジーア』など,20世紀の主要な文芸紙誌の編集に加わり,古典から現代までの作家論を展開。主著『デカメロン論』 Il Decamerone (1929) ,『イタリア文学史の側面』 Profilo storico della letteratura italiana (1957) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ボスコ【Henri Bosco】

1888~1976) フランスの小説家。自然や動物との交情を幻想的に描く。少年パスカレを主人公とする連作が名高い。代表作「ズボンをはいたロバ」「少年と川」「テオティーム農家」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のボスコの言及

【庭園】より

… 16世紀に完成されたこのイタリア様式の庭園として,今日残存するもっともすばらしい例は,ローマ近郊のティボリにイッポリト・デステの営んだビラ・デステ(エステ荘),およびローマ北方のバニャイアBagnaiaのビラ・ランテVilla Lante(ともに16世紀中葉)であろう。ともに傾斜地に営まれたものだが,前者は大がかりな水の使用に特色があり,後者は16世紀イタリア庭園に特徴的なジャルディーニjardini(幾何学的な庭園)とボスコbosco(叢林)の組合せの典型である。さらにこれらの庭園が,邸館の内部同様,ギリシア・ローマ神話の神々の像やさまざまな寓意像によって彩られていたことも忘れてはならない。…

※「ボスコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ボスコの関連キーワードクルス(San Juan de la Cruz)カラッチ(Lodovico Carracci)ジャン・ベルトラン アリスティドムジカ・ポプラール・ブラジレイラナッシュ(Paul Nash)チマッティ ビンチェンツォボスコ(ドン・ボスコ)ヨハネ・パウロ(2世)ディノ ブッツァーティ声帯結節(謡人結節)ボスコレアーレの遺宝ジョセフ クーデルカ喉頭ストロボスコープシラクサのドゥオーモレオポルト ウラッハアントニオ メネセスレンズマン・シリーズテレサ・デ・ヘススストロボスコープフリオ ズレータ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボスコの関連情報