コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスポロス王国 ボスポロスおうこくKingdom of Bosporos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスポロス王国
ボスポロスおうこく
Kingdom of Bosporos

アゾフ海と黒海を結ぶケルチ海峡地方の古代王国。ボスポロス=キンメリオスと呼ばれたこの地方に,前7~6世紀多くのギリシア都市が建設され,それらがパンチカパイオン (現ウクライナのケルチ) の僭主スパルトコスによって統合されて前 438年に王国が成立した。前4世紀まで黒海を制圧,主としてアテネに穀物,魚,奴隷を輸出して繁栄をきわめた。ヘレニズム時代にいたっても王制は存続したが,前3世紀中頃から内乱やスキタイの圧迫によって衰退,前 110年頃王家は滅亡し,王国はポントスの王ミトラダテス6世の支配下に吸収された。1世紀に成立した新王朝はローマ帝国の保護の下で 300年間存続した。 342年以降,一時他国の支配を受けたが,ビザンチン帝国領となった。エーゲ海から遠くへだたっていたが,先住民農奴の労働のうえにギリシア文化を維持した特異な存在であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボスポロスおうこく【ボスポロス王国】

黒海北岸のアゾフ海近辺に位置するいくつかのギリシア植民市と原住民部族とが,前480年代に植民市の一つパンティカパイオン(ケルチ)によって統合されてできた王国。近隣諸部族の進出を阻止して,ギリシア本土と円滑な穀物貿易を行うことが統合の契機となった。前438年にトラキア系スパルトコス王朝の統治が始まり,前4世紀にはレウコン1世,パイリサデス1世らの王が現れて王国の勢力を大幅に拡大させた。原住民の従事する農業,牧畜,漁業などの生産物に加えて,都市で製造される工芸品に対する需要は高く,ギリシア本土の諸都市と活発な貿易活動を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボスポロス王国の言及

【クリミア半島】より

…【渡辺 一夫】
[歴史]
 クリミアの古い呼名は古代ギリシア人の命名によるタウリカTaurikaであり,クリミア(要塞の意)といわれるようになったのは,13世紀のモンゴルによる支配が始まって以後のことである。前8~前7世紀ころ,キンメリア人を追いはらってスキタイ人が移住してきたが,つづいてギリシア人の植民都市建設がすすみ,半島東部のパンティカパイオンPantikapaionを中心にボスポロス王国が生まれた。半島西部にも植民市ケルソネソスChersonēsosができ,のち独立の都市国家となった。…

※「ボスポロス王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボスポロス王国の関連キーワードアグリッパ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android