コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボデーレ低地 ボデーレテイチ

2件 の用語解説(ボデーレ低地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボデーレ‐ていち【ボデーレ低地】

Dépression du Bodélé》チャド中部から北部に広がる盆地状の低地。標高約100メートル。雨季にはティベスティ山地などからのワジを通じて降水が集まる。新生代には南西に位置するチャド湖とつながる湖があったが、乾燥化により干上がった。ボデレ低地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボデーレ低地
ぼでーれていち
Bodl Lowlands

アフリカ中部、チャド北部にある広大な低地。標高100メートル前後、高温で乾燥し北方のティベスティ高原から続く谷はワジ(涸(か)れ谷)となっていて砂(すな)砂漠が広がる。古生代から中生代にかけて海底下にあり、石灰岩や砂岩が堆積(たいせき)した。新生代には、南西方のチャド湖に至る一帯が大きな内陸湖であった。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボデーレ低地の関連キーワードマカベーエフDUDU弾Āravīdubonheur-du-jourduḥkhadu Maineduṅ-chenrag-duṅNguyen Du

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone