コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボデーレ低地 ボデーレテイチ

デジタル大辞泉の解説

ボデーレ‐ていち【ボデーレ低地】

Dépression du Bodélé》チャド中部から北部に広がる盆地状の低地。標高約100メートル。雨季にはティベスティ山地などからのワジを通じて降水が集まる。新生代には南西に位置するチャド湖とつながる湖があったが、乾燥化により干上がった。ボデレ低地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボデーレ低地
ぼでーれていち
Bodl Lowlands

アフリカ中部、チャド北部にある広大な低地。標高100メートル前後、高温で乾燥し北方のティベスティ高原から続く谷はワジ(涸(か)れ谷)となっていて砂(すな)砂漠が広がる。古生代から中生代にかけて海底下にあり、石灰岩や砂岩が堆積(たいせき)した。新生代には、南西方のチャド湖に至る一帯が大きな内陸湖であった。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボデーレ低地の関連キーワード生物化学的酸素要求量屎尿処理リソースBODバイオセンサー綾瀬川生物化学的酸素要求量チベット語生物化学的酸素要求量環境基準富栄養化