コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナール ボナール Bonald, Louis Gabriel Ambroise, Vicomte de

6件 の用語解説(ボナールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボナール
ボナール
Bonald, Louis Gabriel Ambroise, Vicomte de

[生]1754.10.2. ルモンナ
[没]1840.11.23. ルモンナ
フランスの哲学者,政治家。 1785~89年ミーヨー市長。フランス革命後,91年ハイデルベルクに移り,96年『政治宗教権力論』 Théorie du pouvoir politique et religieux (3巻) を出し王党派の論客として台頭。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボナール
ボナール
Bonnard, Pierre

[生]1867.10.3. フォントネーオーローズ
[没]1947.1.23. ルカンネ
フランスの画家,版画家,イラストレーター。初め法律を学んだが,1888年にパリの美術学校に入学。 1880年代末に J.ビュイヤール,M.ドニ,P.セリュジエらとともにナビ派を形成し,91年のアンデパンダン展に出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボナール(Pierre Bonnard)

[1867~1947]フランスの画家。身近な生活情景に材を取り、色彩それ自体の美を追求した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボナール

フランスの画家。パリ近郊のフォントネー・オー・ローズ生れ。パリのアカデミージュリアンに学び,そこで知り合ったビュイヤールセリュジエドニらと1889年ナビ派を結成。
→関連項目アンティミスムボラール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボナール【Pierre Bonnard】

1867‐1947
フランスの画家。セーヌ県フォントネー・オー・ローズFontenay‐aux‐Roses生れ。法律を学んだのち画家を志し,エコール・デ・ボーザール(国立美術学校)に入学,すぐにアカデミー・ジュリアンに移り,そこでドニ,セリュジエ,ビュイヤールを知り,1889年ナビ派の結成に参加する。はじめ暗い色調で描いていたが,最初の個展(1896)のころから,平坦な色面を主体に都会生活の断面を切りとったものを描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボナール【Pierre Bonnard】

1867~1947) フランスの画家。ナビ派の結成に参加。色彩美を追求しながら、中産階級の身近な生活情景を描き続けた。代表作「浴槽の裸婦」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボナールの関連キーワードセーヌ川フォンテンブローラフォンテーヌラ・フォンテーヌフォントネー修道院IRPAフォンテンブロー宮殿フォンビエイユクレールフォンテーヌトリオ・フォントネ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボナールの関連情報