コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタ川 ボルタがわVolta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルタ川
ボルタがわ
Volta

アフリカ大陸西部の川。ブルキナファソに源を発するブラックボルタ川ホワイトボルタ川レッドボルタ川ガーナに入り,北東部でホワイトボルタ川がレッドボルタ川を合せたのち,それぞれが人工湖ボルタ湖で合流,ボルタ川となって南東流,アコソンボ渓谷を経てアダでギニア湾に注ぐ。全長約 1600km。流量の季節変化が著しく5~10月の増水期には毎秒1万 5000m3にもなるが,ボルタ湖により,平均毎秒 1100m3に調節される。ボルタ湖とともにガーナ経済の支柱をなす。 19世紀末,水系全体が明らかとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルタ川
ぼるたがわ
La Volta

西アフリカのブルキナ・ファソとガーナを流れる川。ブルキナ・ファソの山地に発する黒ボルタ川、赤ボルタ川、白ボルタ川をあわせて、ガーナの首都アクラ東方でギニア湾に注ぐ。全長1600キロメートル、流域面積約40万平方キロメートル。上流は比較的平坦(へいたん)な高原を流れるが、ガーナに入って合流したのちは水量を増し深い谷を刻んでいる。下流にアコソンボ・ダムが建設されボルタ湖ができた。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボルタ川の関連キーワードアシャンティ(ガーナの地名)アコソンボダムオートボルタボルガタンガロダガア族タレンシ族アダフォア黄金海岸オヨ王国奴隷海岸トーゴクポンロビ族タマレテマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android