コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタ電池 ボルタでんち voltaic cell

翻訳|voltaic cell

6件 の用語解説(ボルタ電池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルタ電池
ボルタでんち
voltaic cell

イタリアの A.ボルタにより 1800年に発明された一次電池。亜鉛と銅を希硫酸につけ両者を導線で結ぶと,陰極の亜鉛はイオンとなって溶解し,陽極では水素イオンが水素ガスとして発生し,電流が流れ電池となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボルタ‐でんち【ボルタ電池】

希硫酸の溶液に、銅を正極、亜鉛を負極として入れた電池。1800年ごろボルタが発明。また、化学電池をさすこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボルタ電池【ボルタでんち】

銅を陽極,亜鉛を陰極とし,希硫酸を電解液とした一次電池。A.ボルタが発明。起電反応は2H(+/)+Zn→H2+Zn2(+/)。起電力約1.1ボルト。
→関連項目電池

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボルタでんち【ボルタ電池 voltaic cell】

1800年ごろA.ボルタが発表した最初の一次電池。電解液(希硫酸または食塩水)に2種の金属板(銅Cuと亜鉛Zn)を挿入した構造をもつ。よい電池とはいえないが,はじめて持続する直流電源が得られたため,これを用いて多くの電気化学現象が発見された点で重要な意味をもつ。また銅と亜鉛の円板を,ぬらした布を挟んで数回重ねて円筒状にしたものが,高い電圧を得るのに用いられた。これをボルタの電堆voltaic pileという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボルタでんち【ボルタ電池】

ボルタによって1800年に発明された最初の電池。希硫酸の中に、亜鉛を負極、銅を正極として浸し、1.1ボルトの電圧が得られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルタ電池
ぼるたでんち

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルタ電池の関連キーワードAISAS起電機タルタリアホンダ A型元年子一つボルビリス吸血鬼はお年ごろ乾坤之巻ライプチガー・ツァイトゥング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボルタ電池の関連情報