コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロシーロフ ボロシーロフ Voroshilov, Kliment Efremovich

3件 の用語解説(ボロシーロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロシーロフ
ボロシーロフ
Voroshilov, Kliment Efremovich

[生]1881.2.4. エカテリノスラフ
[没]1969.12.3. モスクワ
ソ連の軍人,政治指導者。三十数年にわたり I.スターリンの友人,かつ協力者であった。労働者の家庭に生れ,1903年ロシア社会民主党に入党,05年革命の際ルガンスクの労働者を組織し,17年までたびたび逮捕された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボロシーロフ

ソ連の軍人,政治家。ウクライナ生れ。若くして労働運動に参加,ロシア革命から内戦期に活躍。陸海軍人民委員等の要職を歴任し1935年ソ連最初の元帥となり,第2次大戦中はレニングラード防衛戦を指揮。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボロシーロフ【Kliment Efremovich Voroshilov】

1881‐1969
ソ連邦の軍人,政治家。鉄道労働者の家に生まれ,少年時代から金属労働者として働くかたわら革命運動に参加。1903年ロシア社会民主労働党(共産党の前身)に入党した。逮捕,流刑を重ね,17年の十月革命後の国内戦の時代には,ウクライナで反革命軍と戦った。このころから軍事面で頭角を現し,革命軍事会議議長兼陸海軍人民委員(1925‐34),国防人民委員(1934‐40)を経て,40年に副首相兼国家防衛委員会議長に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボロシーロフの言及

【ウスリースク】より

…油脂,砂糖,製粉および製肉コンビナート,機械製作,機関車修理などの工場があり,農業,教育の両大学と鉄道技術専門学校がある。1866年に開かれ,旧称は1898年までニコリスクNikol’sk,1935年までニコリスク・ウスリースキーNikol’sk Ussuriiskii,以後57年まではボロシーロフVoroshilov。【山本 敏】。…

※「ボロシーロフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボロシーロフの関連キーワードカリーニンソ連鉄道労働組合ブレジネフミコヤン労働者階級ゴムルカソ連邦イサコーフスキー日本鉄道労働組合連合会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone