ボールト(読み)ぼーると

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボールト(曲面天井)
ぼーると
vault英語
voteフランス語
Gewlbeドイツ語

一般に穹窿(きゅうりゅう)と訳され、平天井に対して、アーチの原理によって構成される曲面天井を総称する。石、れんが、またはコンクリート造が一般だが、木材や漆喰(しっくい)で模倣したものもある。
 ボールト架構の技術は、エトルリア人の建築技術を受け継いだ古代ローマ人によって発展させられたが、以来、中世、近世を通じて建築の組積構造における基本的な構法であるとともに、それぞれの時代様式を決定する重要な要素となっている。おもな種類に次のものがある。(1)筒形ボールト barrel v., tunnel v. 断面が半円形または円弧形をなすもので、トンネル・ボールトともいい、ときには尖頭(せんとう)アーチ形の場合もある。(2)交差ボールト cross v., groin v. 交差する同じ形の二つの筒形ボールトで構成される。交差によって生じる稜線(りょうせん)により、ボールト自体の重量が四隅の支持点に分散されるため、筒形ボールトに比べて容積のより大きな空間の構成を可能にする。筒形ボールトおよび交差ボールトを用いた代表的事例としては、ローマに一部現存するコンスタンティヌスのバシリカがあげられる。(3)リブ・ボールト rib v., ribbed v. 交差ボールトの稜線に沿って対角線をなすリブ(肋骨(ろっこつ)状アーチ)を取り付けて補強したものである。リブによって分割された三角形のボールトの面には、軽量の材料が使用可能となる。また、このボールト面の数によって、4分ボールトあるいは6分ボールトとよばれる。このリブ・ボールトの開発は、ゴシック式教会堂建築に大きな改革をもたらした。(4)星形ボールト stellar v. 主要なリブに枝状リブが加わり、それらの放射線が星形を形成しているもので、その事例はイギリス後期ゴシックのヨーク大聖堂その他にみられる。(5)網目ボールト net v. リブが天井全体に菱形(ひしがた)の網目状に張り巡らされたもので、これもイギリス後期ゴシックのグロスター大聖堂などにみられる。(6)扇状ボールト fan v. 積柱や持送り(ブラケット)を要(かなめ)としてリブが扇状に広がり、隣接する同じ形式のものと次々に連結して扇状のボールトが形成される。ケンブリッジのキングズ・カレッジ礼拝堂にその代表例がみられる。(7)ダイヤモンド・ボールト diamond v., prismatic v. リブを用いず、三角形を連結した多面体で形成されたボールトで、ダイヤモンドの結晶に似た構造である。中世末期、おもにバルト海沿岸でれんがを用いて多くつくられた。(8)鍾乳(しょうにゅう)石状ボールト stalactite v. イスラム建築特有の階段状に積み重ねられたボールトで、鍾乳洞内の天井面に類似するためこの名称が用いられる。この特異なデザインはイスラム建築の幻想的神秘感を助長する。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボールトの関連情報