コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポチョムキン ポチョムキンPotëmkin, Grigorii Aleksandrovich

4件 の用語解説(ポチョムキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポチョムキン
ポチョムキン
Potëmkin, Grigorii Aleksandrovich

[生]1739.9.24. チジョボ
[没]1791.10.16. ベッサラビア
ロシアの政治家,軍人。公爵。ポーランド貴族の血をひいて白ロシアに生れた。 1762年エカテリーナ2世 (大帝) のクーデターに参加して女帝に認められ,68~74年のトルコとの戦争で手柄を立て,大将,伯爵に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポチョムキン

ロシアの軍人,政治家。女帝エカチェリナ2世の寵臣(ちょうしん)。プガチョフの乱を鎮圧,クリミアを併合,黒海艦隊を創設,露土戦争総司令官を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポチョムキン【Grigorii Aleksandrovich Potyomkin】

1739‐91
ロシアの軍人,政治家。スモレンスク県の小地主貴族の出身で,1762年のエカチェリナ2世擁立のクーデタに参加して近衛少尉となり,70年以来,女帝の寵を得て出世の道をたどった。68‐74年のトルコとの戦争には将軍として出征し,74年陸軍参議会副総裁となり,プガチョフの乱の鎮圧を指導し,75年ザポロージエコサック本営を廃止した。83年にはクリム・ハーン国の併合に成功し,黒海北岸地方の開拓と黒海艦隊,商船隊,港湾の建設に多大の功績を上げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポチョムキン
ぽちょむきん
Григорий Александрович Потёмкин Grigoriy Aleksandrovich Potyomkin
(1739―1791)

ロシアの政治家、外交官。エカチェリーナ2世の寵臣(ちょうしん)。1762年ピョートル3世を殺害してエカチェリーナ2世を即位させる陰謀に加わったことから、エカチェリーナ2世に認められた。70年からエカチェリーナ2世に接近して絶対主義の強化に尽力、プガチョフの乱を鎮圧したり、ザポロージエのコサックの本拠を解体してウクライナにロシアの農奴制を導入した。83年にはクリミアのロシアへの併合を実現した。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポチョムキンの言及

【エカチェリナ[2世]】より

…女帝は農業を重視して自由経済協会をつくり(1765),土地測量を行い,商工業については営業の自由を原則とした。外政ではポーランド分割と2度の露土戦争で西方と南方に大きく領土を広げたが,ウクライナと黒海北岸はルミャンツェフP.A.Rumyantsev総督とポチョムキンによってロシア化と開発・植民が進められ,黒海はウシャコフF.F.Ushakov提督などの働きでロシアの内海化した。女帝はシベリア・極東にも注意をはらい,92年にはA.ラクスマンが女帝の親書をたずさえて根室に来航した。…

【ロシア革命】より

… 日本海海戦でバルチック艦隊が全滅すると,政府批判はいっそう高まり,6月9~11日にはポーランド第2の都市ウッチで労働者がバリケードをつくって警官隊と衝突,300人以上の死者を出した。一方,6月14日黒海艦隊の戦艦ポチョムキンで水兵の反乱がおこり,オデッサ市民と交歓し,政府を慄然とさせた。8月6日,きわめて限定された内容の諮問議会(ブルイギン国会)の設置が発表されたが,それではとても国民の満足はえられなかった。…

※「ポチョムキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポチョムキンの関連キーワード霊空地方財政計画景清北尾重政国見岳建部賢弘都鄙問答ひらかな盛衰記明史霊空

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポチョムキンの関連情報