コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポップ・アート ポップ・アート Pop art

翻訳|Pop art

2件 の用語解説(ポップ・アートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポップ・アート
ポップ・アート
Pop art

第2次世界大戦後に起った現代絵画および彫刻の動向。この動向の第1段階は 1950年代の初め,ロンドンで画家 R.ハミルトン,彫刻家 E.パオロッツィらが大衆社会における文化,芸術,マス・メディアといった問題に関する討論会,展覧会を開催し,写真,広告,ポスターなどを源泉とするポップ・アートを提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポップ・アート
ぽっぷあーと
pop art

ポピュラー・アート(大衆芸術)の略称。美術用語としては、現代の大衆文化生み出す図像や記号、既製品を絵画、彫刻の領域に取り入れた純粋美術の一傾向をさす。1960年代初頭のニューヨークを中心に国際的に知られるようになったため、アメリカ産の芸術と考えられがちだが、実際にはこの名称はイギリスのロンドンで生まれアメリカに波及したものである。[石崎浩一郎]

イギリス

すでに1952年ロンドンで「インデペンデント・グループ」とよばれる若い美術家集団が現代芸術研究所(ICA:Institute of Contemporary Arts)で芸術と大衆文化の問題を討議し、その際にこの名称が使用された。1956年ホワイト・チャペル画廊でメンバーの一人、リチャード・ハミルトンRichard Hamilton(1922―2011)が開いた「いったい何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力的にしているのか」と題する展覧会は、画廊をアパートの一室に変え、テレビ、テープレコーダー、家庭電化製品、広告や女性のヌードの複製が展示され、ボディビルをするヌードの男が持つ棒あめには「pop」の文字が見える。第二次世界大戦前のダダイスト、マルセル・デュシャンを信奉するハミルトンのほか、機械製品の集積で立体作品をつくるエドワード・パオロッツィも初期からこの運動に加わったメンバーであった。そのほかの代表的なイギリスのポップ・アーティストとしては、ビートルズをはじめマスコミのアイドルを描くピーター・ブレイクPeter Blake(1932― )、マネキン人形のようなエロティックな女性像を制作するアレン・ジョーンズ、のちに南カリフォルニアに移住したデビッド・ホックニーなどがあげられる。イギリスのポップ・アートは、伝統への反発のなかで、アメリカの機械文明やマスメディアが演出する大衆文化への強い共感を表明しており、運動の擁護者で最初に「ポップ・アート」の名称を使った批評家とされるローレンス・アロウェイLawrence Alloway(1926―1990)がアメリカに移住するとともに、その舞台の中心はニューヨークに移行した。[石崎浩一郎]

アメリカ

これに対して、アメリカでは1950年代後半から、マルセル・デュシャンや前衛作曲家ジョン・ケージの影響下に、既製品の日常的オブジェを作品化するロバート・ラウシェンバーグ、アメリカの国旗や地図などの量産されたイメージを絵画化するジャスパー・ジョーンズなどが活躍を開始していた。彼らは「ネオ・ダダ」とよばれたが、のちに初期ポップ・アートとして位置づけられるようになった。このような潮流を受け継ぎながら、1962年にニューヨークのシドニー・ジャニス画廊で「ニュー・レアリスツ」展が開かれると、ハリウッドの映画スターの写真やミッキー・マウスなどの漫画を大胆に正面から取り上げた作風が人々を驚かせた。なかでもシルクスクリーンによる転写技法でマリリン・モンローやジャクリーン・ケネディJacqueline Kennedy Onassis(1929―1994)などのマスメディアが演出する虚像を定着させ、コカ・コーラやキャンベル・スープの缶を羅列して機械による増殖性を描くアンディ・ウォーホル、ステンシルの技法でコミック・ストリップ(続きもの漫画)の一こまを大きな画面に拡大するロイ・リクテンスタインが注目を集めた。このほか、商業広告のコラージュで派手な画面を生むロバート・ローゼンクイスト、安手な既製品に満たされた室内をオブジェと絵画で表現するトム・ウェッセルマンTom Wesselmann(1931―2004)などは、大量消費社会の現実に覆われたアメリカンライフの断面を鮮やかに暴き出している。立体作品では、好んでジャンク・フード(量産食品)を主題としたクラエス・オルデンバーグ、直接人体から石膏(せっこう)で型取りした像に周囲の環境的装置を加えたジョージ・シーガルらが芸術と現代の日常的環境との落差を埋める役割を果たしている。このような動きはアメリカ西海岸にも拡大し、幾何学的形態でガソリンスタンドなどをデザイン的に抽象化したエドワード・ルシャ、享楽的な広告のヌードを描くメル・ラモスMel Ramos(1935― )、社会的告発のメッセージを含む大掛りな環境彫刻で活躍したエドワード・キーンホルツEdward Kienholz(1927―1994)などの美術家たちを生み出した。[石崎浩一郎]

運動の拡大

このようにポップ・アートは「ハイ・カルチャー」(高級な文化)と考えられてきた芸術に、「ロー・カルチャー」(低位の文化)、「ポピュラー・カルチャー」(大衆文化)を主題やイメージとして採用することで、芸術と周辺文化の境界を取り払い、溶解させるという結果をもたらした。この運動の拡大とともに「キャンプ」(通俗と考えられてきた文化を愛好する感受性)、「キッチュ」(通俗物、複製、模造品)などの流行語が生まれ、「サブカルチャー」(下位文化、副次文化)に対する論議と関心は、いまなおその余波を広げている。精神主義的な抽象表現主義を擁護した批評家の多くが批判的だったにもかかわらず、若い世代に支持されたポップ・アートは1960年代でもっとも関心を集めた芸術活動として、ヨーロッパ、日本にもその影響を拡大していった。また、この活動は資本主義と自由主義経済の大量消費社会に固有の現象と考えられがちだが、現実にはソ連のような社会主義国でも制作され、1980年代末から1990年代にかけての社会主義体制の崩壊後、多くの作品が発表されている。[石崎浩一郎]

影響と継承

その後ポップ・アートの影響は、1970年代初頭には写真の人工的映像をあるがままに冷徹にカンバスに描く「スーパーリアリズム」にも反映されることになる。さらに、直接的には1980年代なかばから改めて顕著な傾向としてその手法が復活する。ハリウッドのスターを自らヒロインとして演じてセルフ・ポートレートとして写真化するシンディ・シャーマンCindy Sherman(1954― )、通俗なポスターやアイドルの肖像、ありきたりの家庭電化製品やキャラクター・グッズを作品化するジェフ・クーンズJeff Koons(1955― )、名画の模造品を主題とするマイク・ビドロMike Bidlo(1953― )などは、ことさら複製や量産品、通俗なイメージを模倣し、引用する作風によって「ネオ・ポップ」とよばれている。大衆文化の模擬的体験を生み出すことから「シミュレーショニズム」の名称も用いられるが、ポップ・アートのより直接的な後継者であることに変わりはない。とりわけ1990年代にアニメーション映画の最大輸出国となった日本では、ネオ・ポップの作品として、漫画やアニメのスタイルを援用した絵画や、それらのキャラクターを模した立体作品が目だつことも特徴的といえる。サブカルチャーの再評価とともに、アニメや漫画を研究対象とした学会が生まれ、美術館で漫画家の原画展などが企画されるようになった背景にも、ポップ・アートの影響の広がりをみることができよう。[石崎浩一郎]
『C・フィンチ著、石崎浩一郎訳『ポップ・アート オブジェとイメージ』(1976・パルコ出版局) ▽ロラン・バルト著、沢崎浩平訳『美術論集 アルチンボルドからポップ・アートまで』(1986・みすず書房) ▽東大寺乱著『行動する画家 印象派よりポップ・アートまで』(1990・沖積舎) ▽ルーシー・R・リパード著、関根秀一他訳『ポップ・アート』(1993・洋販出版) ▽ニコス・スタンゴス編、宝木範義訳『20世紀美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで』(1997・PARCO出版) ▽アントワーヌ・コンパニョン著、中地義和訳『近代芸術の五つのパラドックス』(1999・水声社) ▽ティルマン・オスターヴォルト著、Kazuo Isobe訳『ポップ・アート』(2001・タッシェン・ジャパン) ▽ジェイミー・ジェイムズ著、福満葉子訳『ポップ・アート』(2002・西村書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポップ・アートの関連キーワードセイムロンメル世界大戦第一次世界大戦福祉社会サローBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポップ・アートの関連情報