コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリオウイルス ポリオウイルスpolio virus

4件 の用語解説(ポリオウイルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリオウイルス
ポリオウイルス
polio virus

ピコルナウイルス群に属する小さい RNAウイルスで,小児麻痺の病原体。広く分布しているが,免疫が成立するので発病者は少い。感染者の咽頭,腸管のほかにウイルス保有者の大便からも排泄され,おもに水を介して経口的に伝播する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリオウイルス

ポリオの原因となるウイルス。直径約25nmの球形RNAウイルスで,経口・飛沫(ひまつ)感染により腸管内・咽頭(いんとう)で増殖。血清学的にI(ブルンヒルデ型),II(ランシング型),III(レオン型)の3型に分類される。
→関連項目エンダーズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ポリオウイルス

 灰白髄炎ウイルスともいう.ピコルナウイルス科のエンテロウイルスに属するウイルスで,ポリオの原因となる.経口感染して脊髄前角を侵すと特有の片側の麻痺を起こす.経口ワクチンで感染発病を予防する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のポリオウイルスの言及

【ポリオ】より

…届出伝染病の一つで,急性灰白髄炎ともいい,かつては小児麻痺と称した。ポリオウイルスによる感染症で,下肢や上肢の永久的な麻痺を起こす疾患として恐れられた。しかし1954年にJ.E.ソークによって不活性ワクチンが,58年にA.B.セービンによって弱毒ワクチンが開発され,ポリオは著しく減少した。…

※「ポリオウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリオウイルスの関連キーワード遺伝暗号RNAポリメラーゼ機能性RNARNA依存RNAポリメラーゼ核酸エイズRNAリボ核酸リボソームRNA肝炎ウイルス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリオウイルスの関連情報