コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリオウイルス polio virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリオウイルス
polio virus

ピコルナウイルス群に属する小さい RNAウイルスで,小児麻痺病原体。広く分布しているが,免疫が成立するので発病者は少い。感染者の咽頭腸管のほかにウイルス保有者の大便からも排泄され,おもに水を介して経口的に伝播する。ウイルスは神経細胞に達して増殖し,主として脊髄前角灰白質の運動神経細胞を侵す。しかし,95%が不顕性感染で,足や手の弛緩性麻痺にいたるものは1~2%といわれている。重症の場合には呼吸麻痺を起す。セービンワクチンソークワクチンが予防に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリオウイルス

ポリオの原因となるウイルス。直径約25nmの球形RNAウイルスで,経口・飛沫(ひまつ)感染により腸管内・咽頭(いんとう)で増殖。血清学的にI(ブルンヒルデ型),II(ランシング型),III(レオン型)の3型に分類される。
→関連項目エンダーズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ポリオウイルス【poliovirus】

エンテロウイルス属のウイルス。急性灰白髄炎かいはくずいえんを引き起こす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のポリオウイルスの言及

【ポリオ】より

…届出伝染病の一つで,急性灰白髄炎ともいい,かつては小児麻痺と称した。ポリオウイルスによる感染症で,下肢や上肢の永久的な麻痺を起こす疾患として恐れられた。しかし1954年にJ.E.ソークによって不活性ワクチンが,58年にA.B.セービンによって弱毒ワクチンが開発され,ポリオは著しく減少した。…

※「ポリオウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリオウイルスの関連キーワード急性灰白髄炎(ポリオ)おもな感染症と病原体R. ダルベッコウイルス性発疹症ポリオワクチン腸管系ウイルス急性灰白髄炎ハートウェルセービン媒介動物ワクチンウェラー飛沫感染野本明男ロビンズ感染症ソーク脳炎

ポリオウイルスの関連情報