コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタバ Poltava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルタバ
Poltava

ウクライナ中部,ポルタバ州の州都。首都キエフの東南東約 300km,ドネプル川支流ボルスクラ川にのぞむ。考古学的資料からみて8~9世紀から存在していたと考えられるロシア最古の都市の一つで,年代記の 1174年に記録されている。 1709年ロシアのピョートル1世 (大帝) が市近郊でスウェーデン軍を破った (→ポルタバの戦い ) 。 1802年この地方の行政中心地となり,革命後工業,文化の中心地として急速に発展。ウクライナの綿紡績工業の中心地であるほか,機械 (機関車,モータ,繊維機械,食肉工場設備) 工業が盛ん。農業地帯の中心で,農産物加工業 (食肉,皮革) も発展している。教育,農業,農業工学,医学などの大学,ポルタバ戦史博物館,郷土博物館,文学博物館などの文化・教育施設も多い。キエフとハリコフを結ぶ鉄道,ハイウェーが通る。人口 32万 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポルタバ【Poltava】

ウクライナにある工業都市。鉄道交通の要地。北方戦争で、1709年ロシアのピョートル一世がスウェーデン軍を破った古戦場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポルタバ
ぽるたば
Полтава Poltava

ウクライナ東部、ポルタバ州の州都。人口31万8000(2001)。ハリコフの南西約130キロメートルにあり、ハリコフ、クレメンチュグなどの都市を結ぶ交通の要地。輸送機器、電気機器、化学、食肉加工、植物油脂、繊維、製靴などの工場がある。1174年から知られる古都で、15世紀にはルタワЛтава/Ltavaとよばれていた。年に近郊の草原で「ポルタバの戦い」とよばれるスウェーデン軍対ロシア軍の戦闘があり、ロシアが勝利した。戦場にはその戦勝記念碑が立ち、市内に「ポルタバの戦い」展示館がある。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポルタバの関連キーワードアナトーリー ルナチャルスキーフリードリヒ・アウグスト1世スタニスワフ1世レシチンスキピョートル(1世)ルナチャルスキーストラレンベルグカール(12世)フレデリック4世アレクセイ2世クレメンチュクカザケービッチパスケービッチチェルボネンコカザケービチゾシチェンコカルル12世カプニーストウクライナ人コロレンコ大北方戦争

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android