ポルトアレグレ(英語表記)Pôrto Alegre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポルトアレグレ」の解説

ポルトアレグレ
Pôrto Alegre

ブラジル最南部,リオグランデドスル州州都大西洋岸に沿って広がる広大な潟湖パトス湖の北西端部にあたるグアイバ川にのぞむ港湾都市で,ジャクイ川の流入点に近い。 1742~43年アゾレス諸島からの入植者によって建設され,18世紀末からこの地方の行政中心地となった。 1825年以降ドイツ人,次いでイタリア人の移住者が多数流入。現在同国の主要都市の一つで,サンパウロ以南では最大の商工業中心地として繁栄。背後の農牧地帯に産する食肉皮革羊毛,米,小麦ブドウ,タバコ,木材などの取引が盛んで,これら農畜産物の加工のほか,繊維,金属,電機,化学などの工業が発達している。文化中心地でもあり,リオグランデドスル連邦大学 (1934) をはじめとする多数の教育機関がある。水陸の交通の要地で,幹線道路,鉄道により国内各地のほかアルゼンチン,ウルグアイの主要都市と結ばれ,大西洋からの船がリオグランデ,パトス湖を経て市まで航する。人口 126万 2631 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ポルトアレグレ」の解説

ポルト‐アレグレ(Porto Alegre)

ブラジル南部、リオグランデドスル州の州都。大西洋岸にあるパトス湖北岸、グアイバ川沿いに位置する。ドイツやイタリアをはじめヨーロッパ系の移民が多く、後背地となるガウシャ草原牧畜で発展した。人口、行政区143万(2008)。
アフリカ西岸、ギニア湾東部のサントメプリンシペサントメ島南端の港町ロラス島への起点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android