ポンペイ最後の日(読み)ポンペイさいごのひ(英語表記)The Last Days of Pompeii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンペイ最後の日
ポンペイさいごのひ
The Last Days of Pompeii

イギリスの小説家リットン (男) の歴史小説。 1834年刊。 79年ベズビオ火山の噴火直前のポンペイの町を舞台にした2人の若いギリシア人,グローカスとアイオニーの恋物語。正確な時代考証によるローマ人の生活の精細な描写は,この小説の大きな魅力である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポンペイさいごのひ【ポンペイ最後の日】

《原題The Last Days of Pompeiiリットンによる歴史小説。古代都市ポンペイを舞台に、恋や権謀などさまざなな人間模様を描く。1834年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ポンペイさいごのひ【ポンペイ最後の日】

B =リットンの小説。1834年刊。ベスビオ山爆発直前のポンペイを舞台にギリシャ人男女の恋と脱出の物語を描く。古代ローマ人の生活を描いたロマンス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンペイ最後の日
ぽんぺいさいごのひ
The Last Days of Pompeii

イギリスの作家リットン卿(きょう)の歴史小説。1834年刊。紀元79年のベスビオ火山の噴火によるポンペイの壊滅を背景に、当時のローマ文化と風俗、キリスト教と旧宗教の角逐を描く。アテネ人富豪のグローカスはギリシア人の美女アイオーニと相愛の仲にあるが、権謀術数に長(た)けたアイシスの司祭、エジプト人アーバシズは邪恋を抱き、キリスト教に改宗しようとするアイオーニの兄を刺殺し、罪をグローカスに着せる。闘技場でライオンの餌食(えじき)に供せられようとするとき、グローカスは盲目の花売娘ニディアの働きと、おりからの大噴火で救われる。この小説は、イタリア映画を世界的にした史劇の題材として1908年のサイレント時代からたびたび取り上げられ、よく知られるに至った。[佐野 晃]
『堀田正亮訳『ポンペイ最後の日』(1953・三笠書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android