コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーポー Asimina triloba; papaw; pawpaw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーポー
Asimina triloba; papaw; pawpaw

バンレイシ科の落葉高木。フロリダテキサスなどアメリカ中南部原産果樹で,アメリカでは高さ 10m以上になるが,日本では 4m程度。葉は長さ 10cmあまりの卵状長楕円形で互生する。4月頃,葉に先立ち径 3cmほどの紫褐色の6弁花をつけ,10月頃アケビに似た円筒形の果実を結ぶが,アケビのように開裂はせず黄色く熟する。果肉には特有の香気があり,きわめて甘い。普通生食するが,アメリカではジャム製造にも用いる。明治年間に日本に渡来したが,各地で栽培されるようになったのは近年である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポーポー(pawpaw/papaw)

バンレイシ科の落葉小高木。葉は長卵形。春、葉より先に紫褐色の花を開く。秋に、アケビのように円筒形の果実が2、3個ずつつき黄色に熟するが、裂けることはない。果肉に甘みと香りがある。北アメリカの原産。あけびがき。ポポー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ポーポー【pawpaw】

バンレイシ科の落葉小高木。北アメリカ原産。果樹として栽培する。果実の形はアケビに似、大きな種子が多数ある。果肉は甘味と香りが強く、粘り気・水分に富む。ポポー。ポポーノキ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーポー
ぽーぽー
pawpaw
[学]Asimina triloba L. Dunal.

バンレイシ科の落葉小高木。アメリカ南東部原産。葉は卵形または長卵形で長さ15~30センチメートル、先は丸く、表面は平滑である。4~5月、葉が出る前に、黒褐色で径約2センチメートル、雌蕊(しずい)先熟の両全花を開く。果実は9~10月に熟し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ約15センチメートル。一果から数果が房状につき、可食部は乳白色でバナナに似た香りがあり、赤褐色の種子が多数ある。
 花は強い自家不和合性があり、果実を得るためには2系統以上を混植する必要がある。直根性で肥沃(ひよく)土では大樹となる。繁殖は実生(みしょう)により、5~6年で結果樹となる。本州中部地方以西では栽培できる。アメリカでは庭園樹として栽培されることが多い。
 なおpawpawはスペイン語ではパパイヤをさすので、混同されることが多い。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポーポーの言及

【ポポー】より

…ポーポーともいう(イラスト)。バンレイシ科の温帯に適した落葉果樹。…

※「ポーポー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポーポーの関連キーワードシラコバト(白子鳩)バンレイシ科ツツドリギョウザ粘り気マラガ雉鳩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポーポーの関連情報