コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド音楽 ポーランドおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド音楽
ポーランドおんがく

1000年頃キリスト教の伝播とともに 16世紀頃までは,ほぼ西ヨーロッパの音楽と同じように発展した。 16世紀以後は,ポーランドの民俗音楽の舞曲が芸術音楽のなかに浸透し,マズルカ,ポロネーズ,クラコビアークなどが作曲され,西ヨーロッパの音楽にも影響を与えた。 17世紀前後には外国人音楽家,特にイタリア人が活躍し,18世紀中葉以後西ヨーロッパの強い影響下にありながらも,ショパン,S.モニューシュコ,K.シマノフスキらによって民族意識の高まりと相まって新しい国民音楽の創造に向った。第2次世界大戦後になると,ポーランド音楽は K.ペンデレツキを旗手とする急進的,前衛的な傾向を示し,現代音楽における主導的な役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポーランドおんがく【ポーランド音楽】


【芸術音楽】
 ポーランド人は西スラブ族に属し,古くからオドラ川東部とカルパチ山脈北部一帯に住んでいた。国家形成は10世紀ころで,966年のキリスト教導入により,芸術音楽は西欧文化と結びついて発展した。
[中世]
 11世紀から15世紀末までは,キリスト教の普及につれてグレゴリオ聖歌が広まり,民族的な宗教歌《ボグロジツァ(神の母)》も生まれた。14世紀には西欧の多声歌も歌われ,オルガンが各地で建造された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポーランド音楽の関連キーワードクリスティアン ツィマーマンピョートル ペルコウスキシマノフスキーツィマーマン

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポーランド音楽の関連情報