コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ波着陸装置 マイクロはちゃくりくそうち Microwave Landing System; MLS

3件 の用語解説(マイクロ波着陸装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ波着陸装置
マイクロはちゃくりくそうち
Microwave Landing System; MLS

マイクロ波を使用して航空機の着陸を誘導する装置。現在,航空機の進入,着陸は,極超短波 (UHF) や超短波 (VHF) を航空機の着陸進入コースに沿って発射し,この電波を受信して飛行場に進入する計器着陸装置 (ILS) を利用している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイクロは‐ちゃくりくそうち〔‐チヤクリクサウチ〕【マイクロ波着陸装置】

microwave landing systemマイクロ波を用いて航空機の着陸を誘導する装置。計器着陸装置よりも精度が高く、滑走路への進入コースが複数可能。MLS

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マイクロ波着陸装置【マイクロはちゃくりくそうち】

MLS(microwave landing systemの略)とも。計器着陸装置(ILS)にかわって導入されつつある精密着陸誘導装置。ILSでは滑走路延長上に1本の進入経路しか設定できず,自動着陸をする飛行機の増加に対応できなくなったために開発されたもの。
→関連項目空港

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のマイクロ波着陸装置の言及

【計器着陸装置】より

…このためマイクロ波を用いた精密着陸誘導装置が開発され,1979年に,ICAOでその仕様国際基準が決定された。これがマイクロ波着陸装置microwave landing system(MLS)と呼ばれるものである。MLSは,マイクロ波を使うのでビームの直進性,安定性にすぐれ,航空機の位置に関する精度が高く,滑走路周辺の地形や建物などによる影響が少なく,進入角の変更,曲線進入が可能で,自動着陸進入機間の間隔縮小などの機能をもち,運航上の利点はILSよりはるかに大きい。…

※「マイクロ波着陸装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイクロ波着陸装置の関連キーワードマイクロウエーブMLSHPMCMBマイクロ回線MMICワイマックスワイマックス2準マイクロ波microwave landing system

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone