コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヅルソウ

百科事典マイペディアの解説

マイヅルソウ

北海道〜九州,東アジアの深山針葉樹林にはえるユリ科多年草。茎は横走する根茎から出て高さ10〜25cm,卵状ハート形で柄のある長さ3〜10cmの葉を2枚互生する。5〜6月,茎頂に花穂を出し,白色で径5mm内外の花を十数個つける。花被片4枚。液果は球形で径約6mm,赤熟する。近縁ヒメマイヅルソウは全体がやや小さく,葉などに毛状の突起がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイヅルソウ
まいづるそう / 舞鶴草
[学]Maianthemum dilatatum Nels. et Macbr.

ユリ科の多年草。茎は高さ約5~25センチメートル、根茎は細く、地下を横走する。葉は2枚で互生し、柄があり、卵心形で、長さ3~10センチメートル。縁(へり)は波形の低い微鋸歯(きょし)があり、先はとがり、基部は心臓形。晩春から初夏、茎頂に総状花序をつくり、十数個の花をつける。花は白色で径約6ミリメートル、花被片(かひへん)は4枚。果実は球形の液果で赤く熟す。名は、左右上方に曲がった葉脈の形をツルが羽を広げた姿に見立てたもの。北海道から九州の亜高山および高山に生え、北半球の亜寒帯に広く分布。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マイヅルソウの関連キーワード地理的こう配(地理的勾配)マイヅルソウ(舞鶴草)比婆道後帝釈国定公園総状花序亜寒帯

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイヅルソウの関連情報