コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヤベーア マイヤベーアGiacomo Meyerbeer

2件 の用語解説(マイヤベーアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイヤベーア(Giacomo Meyerbeer)

[1791~1864]ドイツの作曲家。グランドオペラジャンルを確立した。作「悪魔のロベール」「アフリカの女」など。マイヤーベーア

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイヤベーア
まいやべーあ
Giacomo Meyerbeer
(1791―1864)

ドイツの作曲家。ベルリン近郊の富裕なユダヤ人の家庭に生まれ、早くから音楽の才能を発揮、9歳でピアニストとして活動を始め、のちにフォーグラーらに作曲を学ぶ。1812年以後オペラなど劇場音楽を発表、24年ベネチアで初演された『エジプト十字軍』により名声を獲得した。翌25年このオペラのパリ上演の成功を機に彼はパリに居を定めるとともに音楽のスタイルを一変させた。彼はドイツ風の手堅い和声、イタリア的な旋律美の追究に、フランス的要素、すなわち劇自体の完成度、舞台装置などの真実味、そしてとくに歌詞と音楽のアクセントの一致を付け加え、31年パリで『悪魔のロベール』を初演、また36年にはパリで『ユグノー教徒』を発表、いずれも大成功を収めた。42年にプロイセン宮廷音楽総監督に任命され、ベルリンに戻った。以後ベルリンとパリを往復しつつ独仏両国語の台本に作曲、49年にパリで初演された『預言者』(「戴冠(たいかん)式行進曲」を含む)も成功した。最後のオペラ『アフリカの女』は1837年から25年余を費やして作曲された大作だが、その上演準備中に病を得てパリに没し、この作品は死の翌年の65年に初演された。
 彼がおもにパリで発表したオペラは、壮大な舞台装置、群衆を登場させるスペクタクル的効果と、それに見合った華美な音楽を特徴とし、当時人気を集めた。彼は「グランド・オペラ」とよばれるこのジャンルを代表する作曲家であるが、このほか、多種の声楽曲、ピアノ曲を残している。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイヤベーアの関連キーワード元治真珠岩市川団十郎ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイヤベーアの関連情報