コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイルカ マイルカ Delphinus delphis; short-beaked common dolphin

2件 の用語解説(マイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイルカ
マイルカ
Delphinus delphis; short-beaked common dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科イルカ属。体長は雄約 2.6m,雌約 2.3mに達する。最大体重は約 135kg。出生体長は 80~85cm。体色はきわめて変異に富む。背部は黒青色,腹部は白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイルカ
まいるか / 真海豚
common dolphin
[学]Delphinus delphis

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。体長2.6メートルに達する吻(ふん)の長い群集性の種で、ハセイルカともよばれる。世界中の温帯から熱帯に広く分布し、吻の長さ、体色などの地理的変異が著しい。概して低緯度地方の個体は吻が長く、歯が多い傾向を示す。そのため熱帯性のものを別種デルファイナス・トロピカリスD. tropicalisとすることもある。体色は背面が青黒色、腹面は白色で、下顎(かがく)と胸びれ基部ならびに上顎と目を結ぶ黒条がある。胸部体側には広い白色ないし黄色域があり、これと背面の黒色域との境界は明確でアーチ状をなす。歯は上下左右おのおの40~65本。口蓋(こうがい)の歯列の内側の骨は深い溝を備え、中耳から気嚢(きのう)が伸びている。これは手で触れると容易にわかるため、本種の識別法の一つとなっている。妊娠期間は10~11か月、1産1子、5~7歳で成熟する。数百~数千頭の群れをなして生活し、表・中層性の餌(えさ)をとる。北東大西洋ではニシン、アジ、サバ、タラ、イカなどを好んで捕食している。黒海では旧ソ連、ブルガリア、トルコなどが年間10万頭を超すマイルカを捕獲したが、資源が激減したため、1966年以後多くの国では漁業を中止した。東部熱帯太平洋のマグロ巻網業では近年まで年に数千頭が混獲されていた。日本の沿岸では北海道以南に分布し、季節的に南北に回遊しているが、漁獲はほとんどない。水族館などでも飼育の例があるが、ハンドウイルカやカマイルカなどに比べて芸を仕込むのがむずかしい。[粕谷俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイルカの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ海豚巨頭鯨歯鯨鬚鯨河海豚イルカ(海豚)クジラ(鯨)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)

マイルカの関連情報