コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカレンコ マカレンコ Makarenko, Anton Semënovich

4件 の用語解説(マカレンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカレンコ
マカレンコ
Makarenko, Anton Semënovich

[生]1888.3.13. ウクライナ,ベロポーリエ
[没]1939.4.1. モスクワ
ソ連で活躍した教育家,社会活動家。 1914年ポルタワ師範学校を卒業。 20年代には革命孤児の更生施設ゴーリキーコロニーの組織運営に手腕をふるい,31年未成年犯罪者の刑罰施設ジェルジンスキー・コミューンの所長に選任された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マカレンコ(Anton Semyonovich Makarenko)

[1888~1939]ソ連の教育家・作家。革命後、浮浪児などの再教育の経験から出発し、教育の原理として集団主義教育論を展開。著「愛と規律の家庭教育」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マカレンコ【Anton Semyonovich Makarenko】

1888~1939) ソ連の教育家。非行少年の再教育において集団主義教育と生産労働を結びつけた。著「教育詩」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マカレンコ
まかれんこ
Антон Семёнович Макаренко Anton Semyonovich Makarenko
(1888―1939)

ソ連の教育家、作家。ウクライナの鉄道工場労働者の子として生まれる。ポルタバ市の高等師範学校を卒業(1917)ののち、浮浪児や未成年の法律違反者を収容し再教育する施設「労働コローニャ」(後のゴーリキー・コローニャ)の所長として教育に尽くした(1920~1935)。ここでの教育経験が主著『教育詩』(1933~1935)を生むことになった。「人間に対する可能な限りの尊敬と要求」という人格尊厳の理念、および、個性の発達は集団においてこそ保証されるとする考え方は、「集団における集団による集団のための教育」という集団主義教育思想として展開された。さらに、ジェルジンスキー記念コムーナの指導を通して青少年の生産労働と集団教育との結合を主張し、実践記録『塔の上の旗』(1938)では、集団の教育力を重視した社会主義教育の原理を説いている。諸種の教育手段の調和的構成体のなかでのみ人間形成は可能であり、児童集団はソビエト社会の一部であるという考え方は、教育と政治との緊密な連関を強調するソビエト社会の構成原理に連なるものであった。主著には、前記のほか『親のための本』(1938)、『愛と規律の家庭教育』(1938)がある。[舟山俊明]
『マカレンコ全集刊行委員会編訳『マカレンコ全集』全8巻(1964~1965・明治図書出版) ▽ソビエト教育学研究会編訳『マカレンコ研究』(1965・明治図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マカレンコの関連キーワードウクライナ人ウクライナ文学クライム13ウクライナ岩右岸ウクライナウクライナ・パルチザンウクライナ・ヘルシンキ・グループ左岸ウクライナスロビツカ・ウクライナUPA(ウクライナ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone