コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガダン Magadan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガダン
Magadan

ロシア北東部,マガダン州州都オホーツク海北岸,タウイ湾の支湾ナガエボ湾の湾奥にある港湾都市。 1933年建設され,コルイマ川流域の産金地への物資の供給地として発展。現在,鉱山機械,自動車修理,水産加工,建設資材などの工業が立地する。教育大学がある。ヤクーツクから東へ延びるハイウェーが通じるほか,空港がありソ連各地と連絡し,ウラジオストクとの間に定期航路が開けている。人口 15万 4900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マガダン

ロシア,極東地方,オホーツク海のナガエフ湾にある港湾都市で,同名州の州都。コリマ川が流れる。船舶修理,建設資材などの工業が行われ,付近に火山灰を利用したガラス工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マガダン【Magadan】

ロシア連邦東端,同名州の州都。オホーツク海に面して港がある。マガダン州は金鉱に富み,コリマ川が流れている。1930年代にここに収容所が設けられ,その囚人労働によって開発がすすめられた。マガダン市は39年に始まり,当時は人口2万7000であったが,93年には14万2000に増加した(州全体の人口は32万7000,1993)。採鉱のみならず,精錬も行われている。【和田 春樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガダン
まがだん
Магадан Magadan

ロシア連邦東部、マガダン州の州都。オホーツク海のナガエバ湾奥に臨む港湾都市。人口12万1800(1999)。ナガエボ港をもち、北方のコリマ川流域の鉱業地へ入る自動車道の起点で、空港もある。鉱山機械製造、機械修理(船舶、自動車、トラクター)、建材、縫製、皮革・履き物、食料品などの工業があり、科学アカデミー所属その他の研究所や学校がある。1939年に市となった。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マガダンの関連キーワードムスタファ ジェミレフチェルスキー[山脈]イーゴリ シュワロフチュクチ自治管区チェルスキー山脈アクショーノフユカギール高原マンモスゾウ旧アジア諸語コリマ[川]コルイマ山脈ロシア連邦ユカギールアナディリコリマ山地コリマ山脈ヤクート語オモロン川サハ共和国エベン族

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マガダンの関連情報