コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガレイ マガレイ Pseudopleuronectes herzensteini

3件 の用語解説(マガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガレイ
マガレイ
Pseudopleuronectes herzensteini

カレイ目カレイ科の海水魚。体長 50cm。体は長卵形で,頭の背縁,眼の上近くがくぼんでいる。両眼間隔は狭く,無鱗。口は小さく,有眼側(体の右側)の両顎にはわずかしか歯がない。有眼側の体色は青みがかった黒褐色

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

マガレイ

 [Pleuronectes herzenstein].カレイ目カレイ科マコガレイ属の海産魚.40〜50cmになる.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガレイ
まがれい / 真鰈
brown solesmall-mouthed sole
[学]Pleuronectes herzensteini

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。本州中部から樺太(からふと)(サハリン)や千島列島にかけてと、東シナ海、渤海(ぼっかい)、朝鮮半島東岸にも分布する。体は楕円(だえん)形で、頭の背面はややくぼむ。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は目の前縁に達する。側線は胸びれの上方で強く湾曲する。体色は有眼側では青色を帯びた淡褐色、無眼側では体の後半部の背腹両縁に沿って淡黄色の一帯がある。
 水深100メートル以浅の砂泥底に生息し、多毛類、二枚貝、ヨコエビ類などを食べる。雌は19センチメートルぐらいで成熟し、3~5月ごろにはいっそう浅場にきて産卵する。卵は分離浮性卵。産卵期には刺網(さしあみ)、それ以外のときは底引網で漁獲される。日本海北部と北海道のオホーツク海沿岸で漁獲量が多い。全長40センチメートルぐらいになる。産卵期が旬(しゅん)で、煮つけにすると美味。新鮮なものは刺身にする。
 一見、近縁種のマコガレイに似ているが、マコガレイでは無眼側の体側に黄帯がなく、一様に純白色であることなどで区別できる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マガレイの関連キーワードソウハチヤナギムシガレイカレイアサバガレイ石鰈鮫鰈星鰈オオグチガレイコガネカレイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マガレイの関連情報