コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム マクシムMaxim, Sir Hiram Stevens

4件 の用語解説(マクシムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシム
マクシム
Maxim, Sir Hiram Stevens

[生]1840.2.5. メーン,ブロックメーズミル
[没]1916.11.24. ストレタム
アメリカで生れ,イギリスで活躍した兵器発明家。マキシムとも表記される。アメリカでは独学で工学を学び,技術の研究を行なって電気,機械の分野で多くの発明をなしとげた。 1881年パリ万国博覧会でレジオン・ドヌールを受章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マクシム

米国生れの発明家,企業家。1881年英国に移住し,1900年英国に帰化。1901年にナイトに叙せられた。1883年,発射の反動を利用する単銃身の本格的機関銃を発明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクシム【Hiram Stevens Maxim】

1840‐1916
イギリスの技術者,発明家。アメリカのメーン州生まれる。1881年イギリスへ移り,1900年イギリスに帰化。1883年,弾丸発射の反動を利用して弾薬の装塡・薬莢(やつきよう)の放出を自動的に行う単銃身の初の本格的機関銃を発明。このほか電球のフィラメント無煙火薬など数多くの発明を行う。89‐94年には蒸気機関による大型飛行機を開発したが失敗に終わる。彼の設計した機関銃は日露戦争(ロシア軍が使用),第1次大戦で威力を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マクシムの関連キーワードアヘン戦争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流原子元素電子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクシムの関連情報