コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム Maxim, Sir Hiram Stevens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシム
Maxim, Sir Hiram Stevens

[生]1840.2.5. メーン,ブロックメーズミル
[没]1916.11.24. ストレタム
アメリカで生れ,イギリスで活躍した兵器発明家。マキシムとも表記される。アメリカでは独学で工学を学び,技術の研究を行なって電気,機械の分野で多くの発明をなしとげた。 1881年パリ万国博覧会でレジオン・ドヌールを受章。イギリスに渡ってからは兵器の発明に没頭。 83年のマクシム機関銃発明をはじめとして無煙火薬,圧搾空気使用の魚雷発射機,遅延信管などを発明。 84年マクシム兵器会社を設立,96年ビッカース父子・マクシム会社となり,ここで生産された機関銃が全世界に普及したため,マクシムは巨万の富を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マクシム

米国生れの発明家,企業家。1881年英国に移住し,1900年英国に帰化。1901年にナイトに叙せられた。1883年,発射の反動を利用する単銃身の本格的機関銃を発明。ほかにも無煙火薬や電球のフィラメントなどを発明した。銃器工場を建て,のちビッカーズ社と合併,長くその支配人を務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクシム【Hiram Stevens Maxim】

1840‐1916
イギリスの技術者,発明家。アメリカのメーン州に生まれる。1881年イギリスへ移り,1900年イギリスに帰化。1883年,弾丸発射の反動を利用して弾薬の装塡・薬莢(やつきよう)の放出を自動的に行う単銃身の初の本格的機関銃を発明。このほか電球のフィラメント,無煙火薬など数多くの発明を行う。89‐94年には蒸気機関による大型飛行機を開発したが失敗に終わる。彼の設計した機関銃は日露戦争(ロシア軍が使用),第1次大戦で威力を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マクシムの関連キーワードゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ウァレンティニアヌス[2世]イリーナ ドヴォロヴェンコウァレンチニアヌス2世ニジニー・ノブゴロドマクシム ゴーリキービッカーズ[会社]ルイズ ルピカールマクシム大佐の指揮ワシーリー[3世]ニジニーノブゴロドゴルディアヌス3世イワン ジューブプリスキリアヌスクロッカスの反乱デルス・ウザーラテオドシウス1世ポンチフェクスゴーリキー公園グラティアヌス

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクシムの関連情報