コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム マクシム Maxim, Sir Hiram Stevens

4件 の用語解説(マクシムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシム
マクシム
Maxim, Sir Hiram Stevens

[生]1840.2.5. メーン,ブロックメーズミル
[没]1916.11.24. ストレタム
アメリカで生れ,イギリスで活躍した兵器発明家。マキシムとも表記される。アメリカでは独学で工学を学び,技術の研究を行なって電気,機械の分野で多くの発明をなしとげた。 1881年パリ万国博覧会でレジオン・ドヌールを受章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マクシム(maxim)

マキシム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マクシム

米国生れの発明家,企業家。1881年英国に移住し,1900年英国に帰化。1901年にナイトに叙せられた。1883年,発射の反動を利用する単銃身の本格的機関銃を発明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マクシム【Hiram Stevens Maxim】

1840‐1916
イギリスの技術者,発明家。アメリカのメーン州生まれる。1881年イギリスへ移り,1900年イギリスに帰化。1883年,弾丸発射の反動を利用して弾薬の装塡・薬莢(やつきよう)の放出を自動的に行う単銃身の初の本格的機関銃を発明。このほか電球のフィラメント無煙火薬など数多くの発明を行う。89‐94年には蒸気機関による大型飛行機を開発したが失敗に終わる。彼の設計した機関銃は日露戦争(ロシア軍が使用),第1次大戦で威力を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクシムの関連キーワードアメリカの声ケネリーアメリカの夢アメリカの影ROME ローマヤング・アメリカンズグッドイヤーイギリス電信技術者協会《イギリス領北アメリカの情勢に関する報告書》イギリス領北アメリカ法

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクシムの関連情報