コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクドネル山脈 マクドネルさんみゃくMacdonnell Ranges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクドネル山脈
マクドネルさんみゃく
Macdonnell Ranges

オーストラリア中央部,ノーザンテリトリーの南部にあり,東西約 320kmにわたって延びる2列の山脈。古生代の褶曲山脈で,ケイ岩などの硬岩から成る。最高峰はジール山で,標高 1511m。年降水量は 250mm近くあり,谷には植物が生育。東部にアリススプリングズの町がある。西にアボリジニ保護地区が広がる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マクドネル‐さんみゃく【マクドネル山脈】

Macdonnell Ranges》オーストラリア、ノーザンテリトリー中南部にある山地。アリススプリングスの南に位置し、東西約200キロメートルにわたって延びる。最高点の標高1510メートル。1860年、スコットランドの探検家ジョン=スチュアート一行が到達。古くからアボリジニーの文化の中心地であり、周辺にはウルルをはじめアウトバックを代表する観光地が点在する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクドネル山脈
まくどねるさんみゃく
Macdonnell Ranges

オーストラリア中部、ノーザン・テリトリー、アリス・スプリングズの西に東西に延びる褶曲(しゅうきょく)山地。東西約200キロメートル、最高点1510メートル。独特の植生を伴う峡谷景観がみられる。1860年にイギリス人探検家スチュアートJ. M. Stuart(1815―1866)が到達し、サウス・オーストラリア総督名にちなみ命名した。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マクドネル山脈の関連キーワードウエストマクドネル国立公園アリス・スプリングズRed Centreアンザックヒルアマディアス湖アランダ乾燥地形谷内砂漠

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android