コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロビオティック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロビオティック

今日の玄米菜食運動の祖といわれる石塚式食養法が,弟子などにより発展させられたなかで,世界的に最もよく知られているのが,桜沢如一 (1893~1966年) のマクロビオティック (禅式長寿法) である。その特徴は,石塚式食養法を易の陰陽の応用によって理論化し,単なる食事療法ではなく人生哲学にまで発展させたことで,それは「食養は医学ではない。栄養学でもない。…人間の幸福学である。新しき宗教である。人間の道である」という彼の言葉から知ることができる。彼は欧各地で講演と実践を通じて,マクロビオティック運動を普及させ,海外ではジョージ・オーサワとして知られている。その著書 300余冊と称され,仏語,英語その他外国語で出版されている。彼の死後は,日本 CI協会がその運動を受け継いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

マクロビオティック

マクロ=大きく長い、ビオ=生命、ティック=学・術、という3つの言葉から成る食事療法。玄米菜食、穀物菜食とも。日本ではまだ耳慣れないが、米国には実践者が300万人以上いるという。目的は健康維持、病気治療、肥満解消、美容、知的なライフスタイルの一環など様々。その基本形は、玄米ご飯と味噌汁と季節の野菜、つまり昔の日本人が長い間食べ続けてきた簡素な食事だ。興隆の背景に、故桜沢如一(ジョージ・オーサワ)と、その遺志を継いだ久司道夫という2人の貢献がある。世界平和の実現につながるマクロビオティックの必然性を説きつつ、学校を設け、多くの著書を上梓し、昔ながらの製法で作られた豆腐や味噌、梅干しなどを日本から輸出させ米国でも生産できるよう尽力してきた。欧米での2人の知名度はとても高い。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

マクロビオティック(〈フランス〉macrobiotique)

《長寿法の意》玄米、野菜、海藻などを中心に摂取する食事法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクロビオティック
まくろびおてぃっく

食文化の研究を行った桜沢如一(さくらざわゆきかず)(1893―1966)が提唱した、玄米や雑穀、野菜、海藻などを主体に摂取する食療法。長寿法、禅式長寿法、正食療法などとよばれていたもので、マクロビオティックMacrobiotiqueの名称で世界に広がり、略してマクロビなどともいう。明治時代の軍医であった石塚左玄(1851―1909)が提唱した、玄米菜食を中心とした食療法(石塚式食療法)が原点にあり、身土不二(しんどふじ)、一物全体、陰陽調和などを基本理念として掲げている。身土不二とは、ヒトの体と環境の調和を意味し、住む土地でとれた旬(しゅん)の食材を摂取すれば、自然に順応・調和して生きることができるとする考え方である。一物全体とは、たとえば米であれば白米に精製するために取り除かれる部分も含む玄米、野菜であれば葉や皮や根まですべて含めて一つであり、これら食材をまるごと摂取することで栄養のバランスが保たれると考える。陰陽調和とは、食のバランスを意味し、摂取する食品に含まれるミネラル成分のうちで、ナトリウム分の多い陽性食品とカリウム分の多い陰性食品とのバランスを重視する。したがって塩は天然塩を用い、また甘味として精製した砂糖は用いない。乳製品や卵は食しても肉はあまり食さないなど、菜食主義に通ずるものでもあり、また栄養学的にみて否定されない要素もあるが、その科学的根拠が十分に解明されているとはいえない。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マクロビオティックの関連キーワードMISATO発酵調味料室谷真由美坂口かずみ山田まりや葉月里香成瀬絵梨水月涼子中村希美発酵食品川辺里奈岡田和美武岡智子地産地消南純子雑穀

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクロビオティックの関連情報