コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクワウリ

3件 の用語解説(マクワウリの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

マクワウリ

 [Cucumis melo var. makuwa].スミレ目ウリ科キュウリ属の一年草.果実を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マクワウリ

カラウリ,アジウリとも。インド中央アジア原産といわれるウリ科の一年草。高温乾燥を好み,栽培は容易,日本でも古くから栽培されていた。茎はつる性で巻きひげがあり,葉は互生しハート形で浅い切れ込みがある。
→関連項目ウリ(瓜)シロウリメロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクワウリ
まくわうり / 真桑瓜・甜瓜
[学]Cucumis melo L. var. makuwa Makino

ウリ科の一年草。インド原産で、メロンの変種。メロンの祖先種が紀元前に中国に入り、東洋で栽培されて今日に至った系統がマクワウリだとされる。日本にはかなり古く伝来し、『万葉集』にも「宇利(うり)」の名で詠まれている。古くから岐阜県本巣(もとす)郡真桑(まくわ)村(現本巣市)が名産地だったので、真桑瓜の名が一般的になったといわれる。北海道や東北地方ではアジウリとよぶことも多い。茎は地上をはい、枝分れして、巻きひげで他物に絡みつく。葉は掌状に浅く裂ける。花は葉腋(ようえき)につき、黄色で同属のキュウリより小さい。普通は雌雄異花であるが、両性花もかなりある。果実はやや長い球形で、長さ5~10センチメートル、熟すと黄、緑白、白色になる。また果肉の色も白、淡黄色など品種によって異なる。いずれも果実に香りがあり、果肉は多汁質で甘い。
 マクワウリの在来品種には、果実が黄金色で俵形のもの(金甜瓜(きんまくわ)、黄金(おうごん)9号など)、緑白色で長円形のもの(銀甜瓜)、白色で球形のもの(ニューメロン)などがある。しかし現在は、マクワウリとメロンを交配した一代雑種(F1)が多くつくられており、これらの品種は、「プリンスメロン」をはじめ、「メロン」の名がつけられて市場に出回っている。マクワウリはメロンに比べると香気が少なく、果肉も薄いが、多湿条件や低温に強いので、これらの一代雑種は両方の優れた性質をもっている。
 栽培はビニル被覆による露地栽培により、春に苗床で苗を仕立て、ビニルトンネル内に定植し、成長につれビニル被覆を除く。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクワウリの関連キーワード中央アジアラウリン酸唐瓜辻占売り東洋音楽南アジア味瓜インドアーリアン花剌子模

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクワウリの関連情報