コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクワウリ

栄養・生化学辞典の解説

マクワウリ

 [Cucumis melo var. makuwa].スミレ目ウリ科キュウリ属の一年草.果実を食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マクワウリ

カラウリ,アジウリとも。インド〜中央アジア原産といわれるウリ科の一年草。高温乾燥を好み,栽培は容易,日本でも古くから栽培されていた。茎はつる性で巻きひげがあり,葉は互生しハート形で浅い切れ込みがある。
→関連項目ウリ(瓜)シロウリメロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクワウリ
まくわうり / 真桑瓜・甜瓜
[学]Cucumis melo L. var. makuwa Makino

ウリ科の一年草。インド原産で、メロンの変種。メロンの祖先種が紀元前に中国に入り、東洋で栽培されて今日に至った系統がマクワウリだとされる。日本にはかなり古く伝来し、『万葉集』にも「宇利(うり)」の名で詠まれている。古くから岐阜県本巣(もとす)郡真桑(まくわ)村(現本巣市)が名産地だったので、真桑瓜の名が一般的になったといわれる。北海道や東北地方ではアジウリとよぶことも多い。茎は地上をはい、枝分れして、巻きひげで他物に絡みつく。葉は掌状に浅く裂ける。花は葉腋(ようえき)につき、黄色で同属のキュウリより小さい。普通は雌雄異花であるが、両性花もかなりある。果実はやや長い球形で、長さ5~10センチメートル、熟すと黄、緑白、白色になる。また果肉の色も白、淡黄色など品種によって異なる。いずれも果実に香りがあり、果肉は多汁質で甘い。
 マクワウリの在来品種には、果実が黄金色で俵形のもの(金甜瓜(きんまくわ)、黄金(おうごん)9号など)、緑白色で長円形のもの(銀甜瓜)、白色で球形のもの(ニューメロン)などがある。しかし現在は、マクワウリとメロンを交配した一代雑種(F1)が多くつくられており、これらの品種は、「プリンスメロン」をはじめ、「メロン」の名がつけられて市場に出回っている。マクワウリはメロンに比べると香気が少なく、果肉も薄いが、多湿条件や低温に強いので、これらの一代雑種は両方の優れた性質をもっている。
 栽培はビニル被覆による露地栽培により、春に苗床で苗を仕立て、ビニルトンネル内に定植し、成長につれビニル被覆を除く。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マクワウリの関連キーワードシロウリ(白瓜)スイートメロンプリンスメロン真正[町]真正〈町〉ウリ(瓜)妻鹿メロン黄金まくわ茂平うり村井菊蔵瓜膚楓本田瓜梵天瓜麝香瓜出来瓜白瓜瓜坊瓜草梨瓜金瓜

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクワウリの関連情報