コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサイマラ国立保護区 マサイマラこくりつほごく Masai Mara National Reserve

3件 の用語解説(マサイマラ国立保護区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサイマラ国立保護区
マサイマラこくりつほごく
Masai Mara National Reserve

ケニア西部,ビクトリア湖に臨む広大な保護区。1974年設定。面積 1510km2アフリカ大地溝帯グレートリフトバレー)に属し,断層崖の間に広々とサバナが展開,アカシアや低木の茂みが点在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マサイマラ‐こくりつほごく【マサイマラ国立保護区】

Maasai Mara National Reserve》ケニア南西部にある国立保護区。タンザニアとの国境を挟んでセレンゲティ国立公園と接する。面積約1800平方キロメートル。ライオンチータージャッカル、アフリカゾウなどが生息し、マラ川を渡るヌーの大群が有名。マサイマラ国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

マサイマラこくりつほごく【マサイマラ国立保護区】

ケニアのマサイマラにある、野生動物の数の多いことで知られる動物保護区。通常のサファリツアーなら必ず訪れる場所で、大阪府と同じくらいの面積を有する。タンザニアセレンゲティ国立公園と国境を接しており、柵がないので動物は自由に移動している。そのため、数万頭のヌーがマラ川を大移動する有名なシーン見られる時期もある。また、ライオンの数が多く、数日滞在すれば必ずといっていいほど観察できる。至近距離からの観察も可能。また、ケニアで唯一、バルーン(気球)サファリが楽しめる場所でもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マサイマラ国立保護区の関連キーワード後生動物水生動物側生動物マラリア病原虫アルアリーン野生動物公園マサイマラ国立公園ライキピア国立保護区クランバ野生動物保護区タビン野生動物保護区エルザ野生動物基金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マサイマラ国立保護区の関連情報