コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサイマラ国立保護区(読み)マサイマラこくりつほごく(英語表記)Masai Mara National Reserve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサイマラ国立保護区
マサイマラこくりつほごく
Masai Mara National Reserve

ケニア西部,ビクトリア湖に臨む広大な保護区。1974年設定。面積 1510km2アフリカ大地溝帯グレートリフトバレー)に属し,断層崖の間に広々とサバナが展開,アカシアや低木の茂みが点在する。ヌーシマウマがサバナの季節の変わり目に 100万頭以上の大群をなして,タンザニアセレンゲティ国立公園との間を大移動するさまは壮観。ライオン,ゾウ,ヒョウ,クロサイ,エボシドリ,ウオクイフクロウ,ホロホロチョウなど野生動物が豊富である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マサイマラ‐こくりつほごく【マサイマラ国立保護区】

Maasai Mara National Reserve》ケニア南西部にある国立保護区。タンザニアとの国境を挟んでセレンゲティ国立公園と接する。面積約1800平方キロメートル。ライオン、チーター、ジャッカル、アフリカゾウなどが生息し、マラ川を渡るヌーの大群が有名。マサイマラ国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

マサイマラこくりつほごく【マサイマラ国立保護区】

ケニアのマサイマラにある、野生動物の数の多いことで知られる動物保護区。通常のサファリツアーなら必ず訪れる場所で、大阪府と同じくらいの面積を有する。タンザニアのセレンゲティ国立公園と国境を接しており、柵がないので動物は自由に移動している。そのため、数万頭のヌーがマラ川を大移動する有名なシーンを見られる時期もある。また、ライオンの数が多く、数日滞在すれば必ずといっていいほど観察できる。至近距離からの観察も可能。また、ケニアで唯一、バルーン(気球)サファリが楽しめる場所でもある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報