コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスネー Jules Massenet

百科事典マイペディアの解説

マスネー

フランスの作曲家。11歳でパリ音楽院に入学し,トーマに作曲を学ぶ。《マノン》(1884年),《ウェルテル》(1892年),《タイス》(1894年)など,グノーの作風を継ぐ優美なオペラでフランス楽壇に不動の地位を得,19世紀から20世紀初頭にかけて作曲界に広く影響を与えた。
→関連項目マノン・レスコー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マスネー【Jules Massenet】

1842‐1912
フランスの作曲家。パリ音楽院に学び,1863年ローマ大賞を得る。その後華々しい作曲活動を展開するとともにパリ音楽院の作曲科教授を務めた。作風は保守的で,グノーの甘美で表情豊かな旋律線を受け継いだが,オペラにおける語り風歌唱の技法はプッチーニやドビュッシーに影響を与えた。代表作はオペラ《マノン》(1884),同《ウェルテル》(1892),同《タイス》(1894)。【片山 千佳子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マスネー【Jules Massenet】

1842~1912) フランスの作曲家。感覚的で繊細優美なオペラ・ピアノ曲・歌曲などを作曲した。オペラ「マノン」「ウェルテル」「タイス」、組曲「絵のような風景」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスネー
ますねー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマスネーの言及

【フランス音楽】より

… フランス音楽の再生は,むしろグノーとサン・サーンスに始まるというべきであろう。グノーの《ファウスト》は劇場からマイヤーベーアとイタリア人を遠ざける最初の一撃となり,《マノン》のマスネー,フランス的なレアリスムに立つ《カルメン》のビゼーと《ルイーズ》のG.シャルパンティエら,フランス的な感性を主張する歌劇作家が後に続いた。一方,サン・サーンスは器楽復興の推進者であった。…

※「マスネー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マスネーの関連キーワードグスタフ シャルパンティエシャルル ケクランシャルパンティエF. シュミットボイエルデューR. アーンシュミットメイヤックショーソンエネスコアーン組曲歌曲

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスネーの関連情報