コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラガ(斑蛾) マダラガ

世界大百科事典 第2版の解説

マダラガ【マダラガ(斑蛾)】

鱗翅目マダラガ科Zygaenidaeの昆虫の総称。翅の開張1cmの小型種から7cmに達する大型種を含む科で,アジアの熱帯から亜熱帯に属種とも多い。日本産として知られているものは28種。多くの種が昼飛性で,はでな色彩や斑紋をもつものが少なくない。目だつ色彩で昼間活動する種は,いやなにおいや分泌物を出すため,捕食性の鳥獣が敬遠するし,一部の種は,ハチと外見上よく似ているために,捕食をまぬがれているものと推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マダラガ(斑蛾)の関連キーワードマダラガ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android