コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラチョウ マダラチョウ Danaidae; milkweed butterfly

3件 の用語解説(マダラチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダラチョウ
マダラチョウ
Danaidae; milkweed butterfly

鱗翅目マダラチョウ科の昆虫の総称。熱帯に多くの種を産する中~大型のチョウであるが,何種かの有名な種は温帯においても見られる。翅は大きく,黒色の地に青,紫,赤褐色などの斑紋をもつ美麗種が多く,雄では腹端に広げることのできる毛束がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マダラチョウ

鱗翅(りんし)目マダラチョウ科(タテハチョウ科,マダラチョウ亜科とも)の総称。熱帯に種類が多く,温帯にはごく少ない。日本には全土に分布するのはアサギマダラただ1種,琉球にオオゴマダラなど数種がいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダラチョウ
まだらちょう / 斑蝶
tiger and crow

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラチョウ科Danaidaeの総称。マダラチョウという種は存在しない。タテハチョウ科、ジャノメチョウ科に近縁のもので、学者によっては広義のタテハチョウ科のなかの1亜科とすることもある(その場合にはジャノメチョウ科も同じく亜科となる)。その産地は熱帯から亜熱帯で、とくに東洋熱帯と南アメリカに種類が多い。中形から大形のチョウで、例外的な小形種でもモンシロチョウ程度。飛び方は緩やかで蜜(みつ)を求めて花に集まる。日本本土の土着種はアサギマダラの1種のみで、南西諸島ではそのほかカバマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウアサギマダラ、オオゴマダラの4種が土着種。南西諸島ではほかにマダラチョウ科に属する南方地域からの迷チョウが多い。幼虫の食草は、ガガイモ科、キョウチクトウ科、クワ科が主要なもので、これらの植物に含まれる有毒成分を体内に蓄積しているので、鳥類も捕食しないといわれている。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダラチョウの関連キーワード胡麻斑蝶蛇の目蝶白蝶豹紋蝶斑蝶大胡麻斑蝶蛺蝶スカシマダラ(透斑)マダラガ(斑蛾)マダラチョウ(斑蝶)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マダラチョウの関連情報