マチャード

百科事典マイペディアの解説

マチャード

スペインの詩人。色彩や音楽性といった感覚的な美を強調した〈モデルニスモ〉に反発し,簡潔な詩形や質朴な詩語によって魂の鼓動を表現しようとした。スペイン内乱においては共和政府を支持し,1939年フランスに亡命しそこで没した。代表作《カスティリャの野》はカスティリャの風景と伝統に対する彼の愛着を表し,また祖国の沈滞に対する怒りをも随所に示している点で〈98年世代〉の特色をよく示している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マチャード【Antonio Machado】

1875‐1939
スペインの詩人。セビリャに生まれ,父は民俗学者。19世紀末および20世紀初めのマドリード,パリでボヘミアン的生活を送り,〈98年世代〉〈モデルニスモ〉の作家,知識人に接する。処女詩集《寂寞(せきばく)》(1903)とその改訂増補版《寂寞,回廊,その他の詩》(1907)には,モデルニスモ的なイメージもみられるが,基調はじみでかげりを帯び,形式や感覚を重視するR.ダリオらとは異なる内観的態度がすでに現れている。

マチャード【Manuel Machado】

1874‐1947
スペインの詩人。A.マチャードの兄。フランスの世紀末詩人やR.ダリオの影響下にモデルニスモの詩風を確立。初期の詩に優れたものが多く,処女詩集《魂》(1902)は,絵画的手法を用いた〈フェリペ4世〉,歴史をテーマにした〈カスティリャ〉,郷土アンダルシアの民謡に想を得た作品などを含んでいる。その他,近代都市の陰画ともいうべき《悪の詩》(1909)や弟との合作による戯曲がある。【野谷 文昭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

マチャード

(Antonio Machado y Ruiz アントニオ━イ=ルイス) スペインの詩人。セビリアに生まれ、パリに学ぶ。一九三六年の内乱後フランスに亡命して客死。風景描写を通し厳粛で思索的な詩を書きつづけた。作品「孤独、回廊、その他の詩」「カスティーリャの野」「新しき歌」など。(一八七五‐一九三九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマチャードの言及

【スペイン文学】より

…なお19世紀も末になるとフランスの自然主義が移入され,E.パルド・バサン,クラリンClarín(1852‐1901),V.ブラスコ・イバーニェスらがすぐれた作品を残した。
【〈98年世代〉から〈27年世代〉へ】
 1898年の米西戦争の敗北で祖国が最後の植民地を失ったとき,スペインの後進性を痛感し,苦悩のうちに未来を模索した作家たちを〈98年世代〉と呼ぶが,その中心となったのは《生の悲劇的感情》で理性と信仰の葛藤を論じ,それをヨーロッパとスペインとの関係にまで広げたM.deウナムノ,古典文学の再評価を通してスペインの魂を探求したアソリン,スペイン文学史上最も完成された小説家のひとりに数えられるP.バローハ,詩集《カスティリャの野》で,荒涼としたカスティリャの風景の観照を通してスペイン(人)の本質をさぐったアントニオ・マチャードらである。概してペシミズムを基調とし,真のスペインを発見しようとした〈98年世代〉に対し,ヨーロッパの思想に沿おうとした知識人たちを20世紀の〈第2の世代〉と呼ぶ。…

※「マチャード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android