コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツナ Suaeda glauca Bunge

世界大百科事典 第2版の解説

マツナ【Suaeda glauca Bunge】

海岸の砂地にはえるアカザ科一年草和名は葉が松葉のように細いことからついた。若い葉や食用となるため,栽培されることがある。茎は斜上し,高さ40~80cm。下部でよく分枝する。葉は線形で密に互生する。長さ1~3cm。花は8~10月に咲き,上部の葉の葉腋(ようえき)に1~3個ずつ着く。両性花で,花被は5枚あり宿存性。果期には果実を包んで星形となり,径約3mm。果実には1個の黒色の種子がある。種子は含油量が多く食用とされ,また肥料用の油かすをとるのに使う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツナ
まつな / 松菜
[学]Suaeda asparagoides (Miq.) Makino

アカザ科の一年草。全株無毛。茎は直立し、高さ40~80センチメートル、よく分枝する。葉は密に互生し、線形で長さ1~3センチメートル、先端はややとがり、緑色。名は、この葉形をマツの葉に見立てたもの。8~10月、葉腋(ようえき)に緑色の小花を1、2個開く。無柄または枝上部のものは有柄。花被(かひ)片は五枚、雄しべは5本。包葉、小包葉は卵形膜質で0.3~0.5ミリメートル。胞果は扁球(へんきゅう)形で黒色、花被片に包まれる。砂地に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。若芽は食用となる。近縁種シチメンソウ(七面草)S. japonica Makinoは茎は高さ約30センチメートル、葉は棍棒(こんぼう)状肉質。9~10月、雄花と雌花を数個開く。海岸に生え、九州北部、および朝鮮半島に分布する。名は、全体が緑色から紫色に変わるので七面鳥に例えたといわれる。また、全体が緑藻類のミルに似ていることから、ミルマツナの名がある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マツナの関連キーワードマツバボタン(松葉牡丹)松島 庄五郎(2代目)神奈川県横浜市都筑区色で見わける栄養分ミツバノコマツナギリュウキュウアイマメアブラムシアルカリ植物摘み菜・摘菜シチメンソウ埼玉県八潮市緑黄色野菜インジカンハママツナオカヒジキアイ(藍)インディゴウグイスナミルマツナコマツナ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android