コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドガ マドガ Thyris usitata

2件 の用語解説(マドガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドガ
マドガ
Thyris usitata

鱗翅目マドガ科。前翅長 8mm内外。前後翅とも黒色で,前翅は中央に1個,後翅は基部近くに相接した2個の白色斑があり,ほかに黄色小斑が散在する。触角は雄では鋸歯状,雌では糸状。成虫は春から夏にかけて出現し,昼間活動する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マドガ
まどが / 窓蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目マドガ科のガの総称、またはそのなかの一種。和名のマドガThyris usitataは、はねの開張5ミリ内外。体翅とも黒く、前翅横脈上の白紋と後翅の白帯が半透明なため、マドガという名がつけられた。前翅には大きな白紋のほか黄色点を散布する。体は太く、腹部に白帯がある。昼飛性で、よく花に吸蜜(きゅうみつ)にきたり、湿った地表から吸水する。日本本土、対馬(つしま)、朝鮮半島、千島列島に分布する。幼虫はボタンヅルの葉を巻いて中から食べる。地中に潜って繭をつくり、蛹化(ようか)する。
 マドガ科Thyrididaeは、主として小形種を含む小さな科で、熱帯地方に栄えている。メイガ科に近縁であるが、腹部に鼓膜器がないので区別される。日本には24種知られており、はねの開張15~40ミリ。はねは赤褐色、灰褐色あるいは白色で、前述のマドガを除いてすべて夜行性。はねに透明紋をもつ種は多くない。アカジママドガの幼虫は、クリ、クルミ、ヤマモモなどの葉を巻き、ギンスジオオマドガの幼虫は、サルスベリの小枝に潜る。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マドガの関連キーワードムクゲコノハクダマキモドキコバネガ(小翅蛾)サンカメイガ(三化螟蛾)シャクガ(尺蛾)トガリバガ(尖翅蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ホタルガ(蛍蛾)マドガ(窓蛾)ヨナグニサン(与那国蚕)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マドガの関連情報