マノン

デジタル大辞泉プラス「マノン」の解説

マノン

イギリスの振付家ケネス・マクミランによるバレエ(1974)。原題《Manon》。初演はロイヤル・バレエ団。音楽はジュール・マスネ。ただしマスネの同名のオペラの楽曲は用いられていない。アベ・プレヴォーの小説『マノン・レスコー』を題材とする。

マノン

1981年公開の日本映画。監督原案脚本東陽一、脚本:田中晶子。出演:烏丸せつこ、津川雅彦、佐藤浩市、荒木一郎、伊佐山ひろ子、ビートたけしほか。第24回ブルーリボン賞助演男優賞(津川雅彦)、新人賞(佐藤浩市)受賞

マノン

フランスの作曲家ジュール・マスネのフランス語による全5幕のオペラ(1884)。原題《Manon》。アベ・プレヴォーの小説『マノン・レスコー』を題材に、大幅な脚色を加えた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「マノン」の解説

マノン(Manon)

マスネーのオペラ。全5幕。1884年初演。プレボーの小説「マノン=レスコー」を題材とする。マスネの代表作の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android