コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ママコナ

百科事典マイペディアの解説

ママコナ

ゴマノハグサ科の一年草。北海道南西部〜九州,東アジアのかわいた山地にはえる半寄生植物。高さ30〜50cm,長卵形の葉を対生する。夏,枝先に花穂を出し,毛状の鋸歯(きょし)のある包葉の腋に赤紫色の花を開く。花冠は長さ14〜18mm,唇形(しんけい)で,上唇はかぶと形,下唇は3裂。ひなたのものには全体に赤紫色を帯びるものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ママコナ【Melampyrum roseum Maxim.var.japonicum Fr.et Sav.】

山地の林縁に生えるゴマノハグサ科半寄生の一年草(イラスト)。和名は若い種子が飯粒に似ているからとも,花冠の下唇上の白い斑点がそれに似ているからともいわれる。根は細く貧弱。茎は斜上して,高さ20~50cm。葉は対生し,長卵形で先はとがり,長さ2~8cm,幅1~3cm。7~9月,白い毛がやや密に生える長さ3~10cmの総状花序に,縁にとげ状の長い歯牙のある包葉と多くの花をつける。花は紅紫色の唇形で花喉の両側に白斑があり,長さ14~18mm,上唇は平たく中に4本のおしべが包まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ママコナ
ままこな / 飯子菜
[学]Melampyrum roseum Maxim. var. japonicum Fr. et Sav.

ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。茎はまばらに分枝し、高さ20~50センチメートル。葉は対生し、長卵形で先端はとがり、鋸歯(きょし)はない。夏から初秋、枝先に総状花序をつくり、多くの紅紫色花を開く。花冠は唇形、上唇は冑(かぶと)形、下唇(かしん)は基部に白斑(はくはん)がある。山地の林縁に生え、日本、および朝鮮半島に分布する。名は、下唇の白斑を米粒に見立てたとも、若い種子が米粒に似るからともいう。基本種のツシマママコナは花序は長くて花をややまばらに開き、花軸に毛が少ない。中部地方以西の本州、九州、および朝鮮半島、中国に分布する。
 近縁のミヤマママコナ(深山飯子菜)Melampyrum laxum Miq. var. nikkoense Beauv.はママコナに似るが、包葉の先端はやや丸みを帯び、花冠は下唇の基部に黄色の斑点(はんてん)がある。深山の疎林下に生え、北海道西南部、中部地方以北の本州、中国地方に分布する。基本種シコクママコナは包葉に刺毛(しもう)状の歯牙(しが)を散生し、中部地方南部、四国、九州に分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ママコナの関連キーワードパチャカマ山崎

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android