コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヨン山 マヨンさんMount Mayon

2件 の用語解説(マヨン山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヨン山
マヨンさん
Mount Mayon

フィリピン,ルソン島南東部,ビコル半島の南部にそびえる火山。標高 2421m。世界で最も完全な形をしたコニーデといわれ,常時噴煙を上げている。大爆発を伴うことはまれであるが,1814年の大爆発ではカグサワの町が埋没した。ビコル半島東岸のレガスピタバコから美しい姿を望むことができる。国立公園に指定され,観光客が多い。広い裾野ではマニラアサが栽培されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マヨン‐さん【マヨン山】

Mount Mayon》フィリピン、ルソン島南部の活火山レガスピの北西約15キロメートルに位置する。標高2462メートル。17世紀以来、40回以上の噴火が記録され、1814年と1815年の噴火ではいずれも火砕流火山泥流により1000人以上もの死者が出た。秀麗な成層火山として知られ、かつて日系移民から「ルソン富士」と呼ばれた。国立火山観測所が置かれ、周辺一帯は国立公園に指定。マヨン火山

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マヨン山の関連情報