コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ・ド・メディシス マリ・ド・メディシス Marie de Médicis

2件 の用語解説(マリ・ド・メディシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリ・ド・メディシス
マリ・ド・メディシス
Marie de Médicis

[生]1573.4.26. フィレンツェ
[没]1642.7.3. ケルン
フランスアンリ4世の妃。メディチ家のトスカナ大公フランチェスコの娘で,1600年 12月アンリ4世と結婚し,のちのルイ 13世を含めて6人の子をもうけた。 10年アンリ4世の暗殺死によってルイ 13世が9歳で即位すると摂政となり,寵臣 C.コンチーニとその妻レオノーラ・ガリガイの手をかりて国王の旧臣を遠ざけ,アンリ4世が積上げた対ハプスブルク政策を放棄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリ・ド・メディシス
まりどめでぃしす
Marie de Mdicis
(1573―1642)

フランス王アンリ4世の妃。トスカナ大公の娘。1600年アンリ4世と結婚。翌年王太子(後のルイ13世)を出産。美貌(びぼう)の誉れが高かったが、尊大で、復讐(ふくしゅう)心の強い女性としても有名。1610年に王が暗殺されると摂政(せっしょう)となり、寵臣(ちょうしん)のレオノーラ・ガリガイやコンチニの影響を受けて王の旧臣たちを排除し、王が企図していたハプスブルク家攻略策を放棄した。1614年の全国三部会では、第三身分と貴族との対立が激しく、新しい財源を獲得する所期の目的を達成できなかった。1617年コンチニが暗殺されると、ブロアに逃れ、ルイ13世に対する骨肉の戦いを継続した。王に対する宰相リシュリューの募りゆく影響を除去するため、宰相の罷免を画策したが失敗して捕らえられ(1630年11月11日。「欺かれた者たちの日」といわれる)、その後逃亡して亡命生活に入り、最後はケルンで死んだ。画家フィリップ・ド・シャンペーニュを保護し、リュクサンブール宮殿を造営した。[志垣嘉夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリ・ド・メディシスの関連キーワードフィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone