コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクス・アウレリウス Marcus Aurelius Antoninus

世界大百科事典 第2版の解説

マルクス・アウレリウス【Marcus Aurelius Antoninus】

121‐180
ローマ皇帝。在位161‐180年。五賢帝の最後。スペイン出の名門に生まれ,幼時にはマルクス・アンニウス・ウェルスMarcus Annius Verusといった。ハドリアヌスにかわいがられ8歳で神官に取り立てられ,彼の命令で138年にアントニヌス・ピウスの養子になり,のちの元首位を約束された。145年アントニヌス・ピウスの娘ファウスティナを妻とし,共治に等しい形でアントニヌス・ピウスの統治を助けた。この間ギリシア語教育を受け,146年ころからはフロントの勧めで哲学を深く学び,ストア学派に傾倒していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマルクス・アウレリウスの言及

【アウィディウス・カッシウス】より

…172年エジプトにおける反乱を鎮圧。175年,マルクス・アウレリウス帝がドナウ川で死亡したという噂が広まると,自ら皇帝と称し,ビテュニアとカッパドキアを除くオリエント諸属州とエジプトを約3ヵ月間支配したが,マルクス・アウレリウス帝のローマ帰還により反乱は失敗し,自分の兵士により殺された。【市川 雅俊】。…

【アントニヌス朝】より

…2世紀のローマ皇帝アントニヌス・ピウス,マルクス・アウレリウス,コンモドゥスを輩出した帝室の家系(138‐192)。ピウス帝は先帝ネルウァ,トラヤヌス,ハドリアヌスの例にならってマルクスを養子に迎え帝位を継承させたが,マルクス帝は実子コンモドゥスを後継者に指名した。…

【インド洋】より

…特にインド南西部産コショウの輸入のために大量のローマ金銀貨が流出した。166年には大秦王安敦(ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスを指す)の使者と称するローマ人が漢朝支配下のベトナムにやって来ている。一部の中国人もセイロン島辺まで行ったようである。…

【ウェルス】より

…ローマ皇帝。在位161‐169年,マルクス・アウレリウスと共治。前名はルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス。…

【カンピドリオ】より

…ローマ帝国崩壊後は廃墟となり,中世以来ローマ市会が境内のタブラリウム跡地に居を占める。16世紀に入ってミケランジェロの設計により,市会議事堂と公証人役場,そしてフォルム・ロマヌムなどからの出土品を収める博物館の三つの建物が広場をとり囲むかたちができ上がり,広場の中央には,それまでラテラノ広場に置かれていたローマ時代(2世紀)作のマルクス・アウレリウス帝騎馬像が据えられた。この広場には古代と違って西側から階段で登ってゆくようになっており,ふりかえるとバチカンが遠望できるようにつくられている。…

【五賢帝】より

…以後,皇帝は最善の人が統治者たるべきであるとするストア哲学の考えに従って後継者を選び,その者を養子とした。トラヤヌス,ハドリアヌス,アントニヌス・ピウス,マルクス・アウレリウスと続く治世には,元老院との協調を旨とし属州行政も整備されて,〈パクス・ローマーナ(ローマの平和)〉と呼ばれる繁栄期が訪れた。啓蒙主義時代の歴史家ギボンは,五賢帝の時代を人類史上最も幸福なる時代と語っているが,近年の歴史研究の教えるところでは,肥大化する官僚・軍事機構の財政的負担が,地方都市の有産者層の財力によってかろうじて支えられることのできた時期であり,しだいに政治,経済,社会の諸問題が顕在化してきた時代と言える。…

【コスモポリタニズム】より

…だがコスモポリタニズムが本格的に現れたのは,都市国家崩壊後のローマ帝国の成立により,ローマ的平和,世界国家の概念がつちかわれた後である。すなわちストア派に属するマルクス・アウレリウスは,世界は自己がその一市民である神の国であり,人間は理性と愛とによって結ばれるべきであると説いた。しかし,こうした主張は隠遁主義と結びつく一方,現実には帝国への忠誠の概念を包蔵していた。…

【自省録】より

…ローマ皇帝マルクス・アウレリウスが多忙な政務,軍務の中でギリシア語で書きつづった記録。その題名は〈タ・エイス・ヘアウトン〉と呼ばれているが,次に〈ヒュポムネマタhypomnēmata〉,あるいは〈パランゲルマタparangelmata〉という名詞を補充して,その題名の意味を〈おのれみずからについての“覚書”〉,あるいは〈おのれみずからへの“励告”〉と解するのが普通である。…

【東西交渉史】より

…一方,西方のギリシア人,ローマ人たちも,1世紀中ごろ以降,季節風を利用して盛んにインド洋に進出し,同じころには《エリュトラ海案内記》と題する,航海の実体験にもとづく南海地方の周航記も残されている。また2世紀後半には大秦王安敦,すなわちローマ皇帝マルクス・アウレリウスの使者と称する者がこのルートを利用してベトナムのフエ(順化)付近に到着したことが後漢の記録に見える。この〈海の道〉は,その後も東南アジア,インド,イランの商人たちによって盛んに利用されたが,特に8世紀以降,イスラム商人が海上貿易にも進出すると,その活躍によって,著しい発展を見せた。…

【ファウスティナ】より

…マルクス・アウレリウスの妃。アントニヌス・ピウスと大ファウスティナとの娘。…

【フロント】より

…北アフリカのキルタ出身。アントニヌス・ピウス帝の信を得て,養子マルクス・アウレリウスとウェルスの修辞学の教師に任ぜられた。143年にはコンスルに就任。…

【ローマ】より

…この登極の経緯から彼は軍隊の統制に難渋したため,後継帝として兵士出身のトラヤヌスを指名し,養子として採用した。トラヤヌスも,続く3人の皇帝も息子がなかったため,後継帝をあらかじめ指名して養子としたので,ネルウァ(在位96‐98),トラヤヌス(在位98‐117),ハドリアヌス(在位117‐138),アントニヌス・ピウス(在位138‐161),マルクス・アウレリウス(在位161‐180)の5代の養子皇帝時代が続いた。これをアントニヌス朝というが,彼らは〈五賢帝〉と名づけられ,E.ギボンによって〈人類の最も幸福な時代〉と褒めたたえられた。…

※「マルクス・アウレリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルクス・アウレリウスの関連キーワードマルクス・アウレリウス騎馬像アウィディウス・カッシウスアウィディウス・カッシウスコンスタンティヌス凱旋門エピキュリアンマリウスアントニヌス・ピウスガッタメラータ騎馬像マルクスアウレリウスカストラ・レギナカンピドリオ広場カンピドリオの丘キリスト教起源史アントニヌス朝マルコマンニ族ペルティナクスヘロディアヌスアスペンドゥスポリュアイノスクラウディウスアポリナリウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルクス・アウレリウスの関連情報