コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルス Verus, Lucius Aurelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルス
Verus, Lucius Aurelius

[生]130.12.15.
[没]169
ローマ皇帝 (在位 161~169) 。前名ルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス。同名である自分の父をハドリアヌス帝が後継者 (ハドリアヌスの庶子と推定される) と定めていたが,父が没したため,ハドリアヌスはアントニヌス・ピウスを後継者と定め,ピウスにルキウスとマルクス・アンニウス・ウェルスを養子として迎えさせた。ピウスの死 (161) 後,マルクスがマルクス・アウレリウス・アントニヌスとして皇帝となるや,ルキウスもルキウス・アウレリウス・ウェルスとして同時に皇帝となり,ローマ史上初めての2皇帝支配が出現。しかし実際上の権力は同等ではなく,彼自身その重責に足る人物ではなかったといわれる。アルメニア,メソポタミアに転戦 (162~166) 。パンノニア付近でゲルマンと戦った (167~168) が,その帰途,急死。

ウェルス
Wels

オーストリア北西部,オーバーエスターライヒ州の都市。リンツの南西約 30km,ドナウ川支流のトラウン川左岸にあり,先史時代からの集落地。ローマ時代には属州ノリクム州都であった。中世には,中心的な市場町として栄え,神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の死去 (1519) した城や 14世紀のレーデラー塔などの歴史的建造物も多い。鉄道,道路交通の分岐点で,ウシおよび穀物の市場がある。工業では農業機械,繊維,食品などが中心。人口5万 3042 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルス【Lucius Aurelius Verus】

130‐169
ローマ皇帝。在位161‐169年,マルクス・アウレリウスと共治。前名はルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス。ハドリアヌスの意向でマルクスと共にアントニヌス・ピウスの養子となる。ピウスからは重視されなかったが,154,161年の2度コンスルとなった。ピウス死後マルクスに推され,2正帝として共治。マルクスの妹を妻とした。病弱だったがギリシアの都市再建策などに行政能力を示している。163‐166年には東方パルティアを討って凱旋式をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウェルス【wealth】

富。財産。
豊富。多量。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウェルスの言及

【ローマ】より

…ストア哲学者マルクス・アウレリウスは,即位とともに強い義務感から帝国の危機の重荷を自らに引き受けたが,すでに絶頂の時代は過ぎつつあった。彼が治世当初ウェルス(在位161‐169)と共同統治したことは,のちに一般的となる帝国分治の初めての先例であった。彼の治下,北部国境が危機に陥り,全国にわたるペストの流行で人口が大減少したことは帝国衰退の予徴であった。…

※「ウェルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウェルスの関連キーワードワーグナー・フォン・ヤウレッグJ. ワーグナー・ヤウレックアウィディウス・カッシウスマルクスアウレリウス門リチャード フラナガンルイ ド・ベルニエールマクシミリアン[1世]サリー クロウチェックワーグナー・ヤウレックマキシ ロドリゲスフランシス イタニキース オートリーサンテックシティーマット ウールマンシビル ダニングユリア・ママエアパトリシア ダンビッグマック指数マクセンチウスポリュアイノス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェルスの関連情報