コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルピーギ管 マルピーギかんMalpighian tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルピーギ管
マルピーギかん
Malpighian tube

クモ類や昆虫など節足動物排出器官で,中腸と後との境界部にあり,束をなした一群の糸状の盲管クモ類では内胚葉,昆虫類では外胚葉起源である。脊椎動物の細尿管の機能に類似していると考えられていて,尿酸の排出や,ナトリウム,カリウムなどの管内への分泌,また逆に体内への再吸収などを行う。水分はほぼ全部吸収される。マルピーギ管の一部が絹糸腺に変形してをつくる (脈翅目幼虫) など他の機能がみられるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マルピーギ‐かん〔‐クワン〕【マルピーギ管】

昆虫類・多足類・クモ類の排出器官腸管に開口する多数の小さい盲管からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マルピーギ管【マルピーギかん】

昆虫・唇(しん)脚(ゲジ,ムカデ類)・倍脚(ヤスデ類)・クモ類の排出器官,中腸と後腸の境界部に開口する細長い糸状の盲管で,体腔内の老廃物(主として尿酸)を排出し,脊椎動物の腎臓の細尿管と類似した機能をもつといわれる。
→関連項目排出器官マルピーギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルピーギかん【マルピーギ管 Malpighian tube】

節足動物のうちの昆虫類,クモ類および多足類にのみみられる特殊な排出器官。陸上にすむ昆虫の排出は他の多くの無脊椎動物のように腎管によってではなく,腸管とマルピーギ管によってなされる。これは昆虫が気管で呼吸を行うために血管系の発達が悪く,代謝産物をろ過して排出するのに必要な血リンパ圧も十分に得られないことに関連していると思われる。マルピーギ管は中腸と後腸の境に開口し,種により異なるが2本から数十本,多いものでは数百本の毛細管からなり,おのおのの細管は細胞構造の相違から上管と下管に分かれ,腸に開口する細管基部ではややふくらんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マルピーギかん【マルピーギ管】

節足動物のうち、唇脚類・倍脚類・昆虫類・クモ類の排出器官。中腸と後腸の境界部に開口する細長い糸状の盲管で、体腔の老廃物を排出する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルピーギ管
まるぴーぎかん

昆虫をはじめクモ、ヤスデなど陸生の節足動物にみられる排出器官。イタリアの解剖学者マルピーギにちなんだ名称である。マルピーギ管は1本から数十本までの細長い管よりなり(管の数は種によって異なる)、後腸部に開口する一対の排出口につながっている。昆虫の排出について、管の前半部では体内のアンモニアを尿酸のカリウム塩のかたちで、水、炭酸イオン、カリウムイオンなどとともに排出し、その後半部で水、カリウムイオンを再吸収し、おもに結晶化した尿酸のみを後腸部へ排出することが知られている。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマルピーギ管の言及

【排出】より

…触角腺は体腔囊・迷路・腎導管・膀胱からなり,淡水産の種では腎導管が長く,体液の浸透圧調節に関与して,体液より薄い尿を排出できる。クモ類は脚基腺が腎管由来の排出器官であるが,マルピーギ管をももつ。昆虫類には腎管由来の排出器官はなく,マルピーギ管が排出機能を営む。…

※「マルピーギ管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マルピーギ管の関連キーワード昆虫/主要用語解説エミール ハイツイシノミ類巨大染色体浸透調節石森直人シミ類博物学脈翅類ハイツ唇脚類パフ