コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレット Marett, Robert Ranulph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレット
Marett, Robert Ranulph

[生]1866.6.13. ジャージー島
[没]1943.2.18. エクセター
イギリスの哲学者,人類学者。オックスフォード大学のバリオールカレッジ卒業。 1893年に同大学エクセターカレッジ哲学講師,1909年同大学に人類学科を創設,10年より同大学で社会人類学を講義し,イギリス人類学会会長をつとめた。 28年よりエクセターカレッジ学長となり,ギフォード講座で原始宗教の講義をし,宗教の社会性を強調,プレアニミズム,超自然観の問題を開拓し,呪術宗教タブーマナ公式による融合を試みた。主著『プレアニミズム宗教』 Pre-animistic Religion (1900) ,『宗教と呪術』 The Threshold of Religion (同) ,『心理学と民俗学』 Psychology and Folklore (20) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マレット【mallet】

クロッケー・ゲート-ボールなどで、ボールを打つ木槌きづち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレット
まれっと
Robert Ranulph Marett
(1866―1943)

イギリスの人類学者。オックスフォード大学のエクセター・カレッジの哲学教授を経て、1928年同カレッジ学長となる。E・B・タイラーの弟子で、J・G・フレーザーらとともに英国比較人類学派を代表した。彼は未開民族の宗教、呪術(じゅじゅつ)について、タイラーのアニミズムは知的、観念的にすぎるとし、マナの観念にたってプレアニミズム的段階の存在を主張した。すなわち、未開人は生物、無生物のなかに霊魂、精霊の存在を認識し、物から切り離してこれを崇拝対象にするのではなく、ある人物や事物そのものを非人格的な威力、活力として情意的に反応し、これに驚異、恐怖、賛嘆を含む畏敬(いけい)の態度をとるというのである。彼は聖と俗とを区別し、驚異的世界を日常的世界から切り離すものは感情であり、こうした感情(畏敬の情)を引き起こさせるものは、すべて宗教であるとした。おもな著書に『宗教の発端』(1909)、『人類学』(1912)、『心理学と民俗学』(1920)などがある。[佐々木宏幹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マレットの関連キーワードサスペンデッド・シンバル [suspended cymbal]ウッド・ブロック[wood block(s)]ニューマン(Thomas Newman)バリー(John Barry)清内路高原ふるさと村自然園カウベル[cowbell]シンバル[symbal]エイブラハム ラボリエルイマレットジャーミヤアーモンドリキュールドラム[drums]マンチェスター派イマレットモスク国見岳森林公園ばち(桴∥撥)ロードランナー下條村親水公園槌指(ついし)マレットゴルフアニマティズム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マレットの関連情報