コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントヒヒ マントヒヒ Papio hamadryas; hamadryas

4件 の用語解説(マントヒヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マントヒヒ
マントヒヒ
Papio hamadryas; hamadryas

霊長目オナガザル科。体長 70cm,体重 18kgほど。雄は頭から肩にかけて白いたてがみ状の長い毛をもつが,雌は全身淡褐色の短毛でおおわれる。平均 100頭ほどの群れをつくって生活し,おもに地上で行動する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マントヒヒ

霊長目オナガザル科。雄は体長76cm,尾61cmほど,肩から背の大部分をおおうマント状の長毛が特徴。しりだこは大きく紅色。雌はずっと小さく,雄の半分ほど。紅海沿岸に分布。
→関連項目サル(猿)ヒヒ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マントヒヒ【Papio hamadryas】

エチオピア東部からソマリア北部にかけてと,アラビア半島南端部に生息する霊長目オナガザル科ヒヒ属の旧世界ザルイラスト)。古代エジプトでは神の使いとしてあがめられて,壁画などにも登場する。英語ではsacred baboon(聖なるヒヒ)とも呼ばれる。体格は性差が著しく,体重は雄が約18kg,雌が約10kg,頭胴長は雄が約65cm,雌が約55cm,尾長は頭胴長の半分程度である。体色は灰褐色で,顔は肌色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マントヒヒ
まんとひひ
hamadryas baboon
[学]Papio hamadryas

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。エチオピアからアラビア半島にかけて分布し、狭域とはいえユーラシアに分布域を伸ばしている唯一のヒヒである。雄は体長80センチメートル、体重20~30キログラムに達し、顔の両側と背中が灰色の長毛で覆われ、マントを着たようにみえる。雌は小形で褐色の体毛に覆われ、ほかのヒヒと大差ない。高地から海岸までの草原や半砂漠にすみ、地上性で雑食性である。社会は3層からなり、最下層の集団は、1頭の雄と数頭の雌を含むワンメールユニットで、いくつかのユニットと、ユニットをもたない雄たちが一つのバンドをつくっている。バンドの構成は安定しており、これが基本的社会単位で、ユニットはその下位単位である。バンドの構成員はいっしょに遊動するが、各ユニットの雄は、その雌の動きにつねに気を配り、離れようとすると頸(くび)にかみついて連れ戻すので、ユニットの輪郭は保たれている。同一バンドの雄たちの間には抑制が働いており、雌を奪い合うことはない。雌をもたない雄は、既存のユニットに入り込み、その雄の後継者となるか、ユニットから1歳未満の雌の赤ん坊をさらい、その世話を焼きながら成長を待って新たなユニットを形成する。夜間には、いくつかのバンドが岩場に集まり休眠集団(トゥループ)をつくる。休眠集団の構成は安定していないが、互いに認知しあったバンドによって形成される。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマントヒヒの言及

【サル(猿)】より

…サル類のほとんどは定まった泊り場(ねぐら)をもつことなく,日々,集団のなわばりの中を遊動してくらしているのである。草原にすむゲラダヒヒマントヒヒでは,集団のなわばりは完全に重複し,特定の岩山や崖を共同の泊り場として用いることがある。 原猿類やマーモセット科には,皮脂腺の分泌物や排泄物を木の枝などにぬりつけて印づけ,つまりマーキングをするものがあるが,真猿類にはこのような行動はほとんど見られない。…

【ヒヒ(狒々)】より

…バブーンともいう。エチオピア,ソマリアからアラビア半島にかけてのサバンナに生息するマントヒヒ(イラスト),マントヒヒよりもさらに高地の,エチオピア高原の荒地に生息するゲラダヒヒ(イラスト),コンゴ民主共和国西部からナイジェリアにかけての熱帯降雨林に生息するマンドリル(イラスト)およびドリル(イラスト),サハラ以南の広大な地域に生息するサバンナヒヒの4群に大別される。このうち,サバンナヒヒはキイロヒヒ,ギニアヒヒ,チャクマヒヒ,ドグエラヒヒの4亜種からなるが,これらを独立した4種として扱う場合もある。…

※「マントヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マントヒヒの関連キーワードエチオピア戦争ラリベラソマリエチオピア亜区エチオピア高地ゴンダールソマリ半島クシ諸語エチオピア・エリトリア紛争ソマリ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マントヒヒの関連情報