コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンドリン mandoline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンドリン
mandoline

楽器の一種。リュートに似た小型の撥弦楽器。全長約 60cm。初期のミラノ型のものは5~6コースの弦をもつリュートに似た小型のもので,プレクトラム (爪) を使って演奏された。現在使われているものは 19世紀に作られたナポリ型で,胴が深く西洋梨形をし,17またはそれ以上の金属製のフレットのついた指板がついていて,2本ずつ同音の4対の弦をもつ。プレクトラムを急速に動かして演奏するトレモロ奏法が特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マンドリン

リュート属の撥弦(はつげん)楽器(弦楽器)。18世紀にマンドーラ(小型のリュート)から発展。現在のものはナポリ式と呼ばれ,バイオリンと同様に5度間隔で調弦される。金属弦を同音に2弦使用し計8弦。胴は半球状で指板にはフレットがつく。右手に持ったプレクトラム(義甲,ピック)で演奏され,トレモロ奏法が特徴的。独奏,合奏に用いられ,米国のカントリー・ミュージックでも愛用された。音量が小さく,19世紀以降の管弦楽に使われるのはまれだが,マーラーの《交響曲第7番》や《大地の歌》はこの楽器の音色を巧みに生かした好例。→ギター

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンドリン【mandolin】

リュート属の木製撥弦楽器。全長60cmほど,胴体の背が丸く隆起しており,横板をもたない。弦は複弦4対で,プレクトラム(義甲,ピック)を用いて弾くため本質的に旋律楽器で,とくにトレモロ奏法が印象的である。調弦法はバイオリンと同じ5度間隔をとる。18世紀ころにリュート属の一型マンドーラmandoraから分かれてできたもので,4複弦のナポリ式,6複弦のミラノ式があったが,後者はまもなく衰え,前者は19世紀後半に改良が行われて,今日まで盛んに用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マンドリン【mandolin】

撥弦楽器の一。胴は洋梨を縦割りにした形で、後ろは曲面をなす。四本の複弦(通常はスチール製)をもち、鼈甲べつこう・セルロイド製の爪(ピック)で弾いて演奏する。複弦を利したトレモロ奏法の多用が特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンドリン
まんどりん
mandolinmandoline英語
mandolineフランス語
Mandolineドイツ語
mandolinoイタリア語

リュート属撥弦(はつげん)楽器。全長約60センチメートルで、背の大きく膨らんだ胴とフレット付きの短い棹(さお)をもつ。現在おもに用いられているマンドリンは、19世紀後半に改良されたナポリ式で、スチール弦を複弦の4コースに張り、G3―D4―A4―E5に調弦する。弦は表板の下から表板上の駒(こま)を通り、やや後方へ湾曲した糸蔵(いとぐら)まで張られる。半音間隔にフレットを並べた指板は棹から響孔のところまでつけられており、足を組むか、足台を用いふとももに楽器をのせて固定し、薄板のプレクトラム(爪(つめ)、ピック)で演奏する。とくにトレモロ奏法が特徴的である。また、背面の平らなフラット・マンドリンは、アメリカのカントリー音楽であるブルー・グラスに欠かせない楽器となっている。
 マンドリンと同類でマンドリンよりも大形の楽器――マンドラ、マンドセロ、マンドベースもあり、この順に音域が低くなる。ただし、そもそもマンドラとは、マンドリンが現れる前からあるリュートの一種で、マンドリンは、17世紀ごろに、その名が示すとおり(小さいことを示す語尾がつけられている)小形のマンドラとして生まれた。マンドリンはイタリア各地でさまざまなものがつくられたが、そのうちおもなものはミラノ式とナポリ式である。19世紀末まで用いられたミラノ式マンドリンはリュートとほぼ同じ外形で、糸巻のある糸蔵は後方に曲がり、表板上に糸留めがある。弦はガット製で、17世紀には複弦6コース、18世紀には単弦6本で、直接指ではじかれた。
 マンドリンは、まずイタリアで好まれた楽器であり、ビバルディはマンドリンと管弦楽のための協奏曲を作曲した。また、同じころグレトリー、パイジェッロ、モーツァルトが、オペラのなかで、いずれもセレナードにマンドリンを用いており、この楽器の性格についての当時の意識がうかがわれる。それ以外のおもな例としては、ベートーベンがマンドリンとチェンバロのための2曲のソナチネを書いているほか、シェーンベルクの室内楽曲『セレナード』(作品24)などの現代曲でも用いられている。
 日本へは明治時代に輸入され、比留間賢八の指導の下、大学生による合奏団が多くつくられ、第二次世界大戦前に洋楽普及の一端を担った。現在では明治大学マンドリン倶楽部(くらぶ)が有名である。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンドリンの関連情報