コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネルヘイム マンネルヘイムMannerheim, Carl Gustaf (Emil)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンネルヘイム
Mannerheim, Carl Gustaf (Emil)

[生]1867.6.4. ビルナス
[没]1951.1.27. ローザンヌ
フィンランドの軍人,政治家。 1889年ロシアの騎兵将校となり,日露戦争第1次世界大戦に従軍。 1917年ロシア革命前に陸軍中将,軍団司令官となり,革命後は独立を宣言したフィンランドに帰り,ボルシェビキ軍の侵入を撃退した。 18年摂政の地位についたが,19年共和制樹立に伴い辞任。 31年予備役から国防会議議長に返り咲き,在任8年間にカレリア地峡に要塞を構築した。第2次世界大戦では 70歳をこえた高齢にもかかわらず,2度にわたって対ソ連作戦を指揮。 42年同国唯一の元帥称号を授与され,44年から2年間共和国大統領に就任した。著書『アジア縦断,西から東へ』 Across Asia from West to East in1906-1908 (1940) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンネルヘイム【Carl Gustaf Emil Mannerheim】

1867‐1951
フィンランドの軍人,政治家。名門に生まれ,ロシア陸軍で高位に就いたが,1917年の十月革命を機に帰国する。フィンランドは17年にロシアから独立したが,その後のロシアでの内戦では白衛軍を指揮して勝利に導く。30年代からフィンランド軍の要職を占め,第1次ソ・フィン戦争では総司令官として圧倒的に優勢なソ連軍に頑強に抵抗する。続く第2次ソ・フィン戦争では,ドイツ軍からのレニングラード攻撃参加要求を拒否して自衛戦を強調する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンネルヘイム
まんねるへいむ
Carl Gustaf Emil Mannerheim
(1867―1951)

フィンランドの元帥、政治家。第6代大統領。伯爵で実業家の父をもち、軍人としてロシア陸軍内で高位に昇進。日露戦争にも情報部門で参加。ロシア十月革命後帰国。フィンランドは1917年にロシアから独立するが、翌1918年のフィンランド内戦では白衛軍の指揮権を任され赤衛軍を鎮圧。のち政府の親独策とあわず辞任し西側諸国を歴訪、関係改善に尽力した。1918年末、国の執政に選出され共和制移行案を承認。翌1919年の第1回大統領選挙ではストールベルイに敗北。しばらく中央政界から引退した。1931年国防評議会議長に就任。しかし彼の軍備増強案は実現されなかった。1939年の対ソ交渉時には軍備不足から柔軟性を主張したが、政府は世論を背景に強硬姿勢を崩さず対ソ交渉は決裂。第一次(1939~1940)、第二次(1941~1944)のソビエト・フィンランド戦争で総司令官を務めたが、ドイツ軍のレニングラード進攻作戦には加担しなかった。ソ連の要求により、1944年大統領リュティRisto Heikki Ryti(1889―1956)が辞任すると、後任大統領として戦争を終結させる。戦後処理に苦慮し1946年辞任。のちスイスで自伝執筆等に従事、その地で客死した。[玉生謙一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマンネルヘイムの言及

【フィンランド】より

…第2次世界大戦中の政局は5代目のリュティRisto Ryti(1889‐1956。在任1940‐43)が,その末期の混乱期はマンネルヘイム元帥(在任1944‐46)が担当した。続いてパーシキビPaasikivi(在任1946‐56)が2期務め,56年からケッコネンが5選され25年間も大統領の座にあった。…

※「マンネルヘイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンネルヘイムの関連キーワードイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵徳川慶喜明治天皇ビルケランライトルボンローシー藤堂平助ブラント

マンネルヘイムの関連情報