コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールブルグ熱 マールブルグネツ

2件 の用語解説(マールブルグ熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マールブルグ‐ねつ【マールブルグ熱】

Marburg fever》⇒マールブルグ病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マールブルグ熱
まーるぶるぐねつ
Marburg fever

マールブルグウイルスRNAウイルス、フィロウイルスの一種)によるウイルス性出血熱流行性出血熱)の一つで、マールブルグ病マールブルグ出血熱ともよばれる。日本では1977年(昭和52)旧厚生省により、ラッサ熱エボラ出血熱とともに国際伝染病と定義され、現在は感染症予防・医療法感染症法)により、1類感染症に分類され、検疫法により検疫感染症検疫伝染病)に指定されている。
 1967年ドイツのマールブルクを中心に、フランクフルトおよびユーゴスラビア(現セルビア)のベオグラードの3都市で夏から初秋にかけて突然発生した急性発熱性出血性の全身感染症であり、アフリカのウガンダよりワクチンの製造・検定用に輸入したアフリカミドリザルの感染臓器を処理した研究所の技師がまず発病し、さらに院内感染によって流行した。すなわち、ウイルスによる汚染物や患者から感染し、潜伏期は4~9日。発症は急激で、ミドリザルを扱ったり、アフリカをヒッチハイクしたような経験者に突然、頭痛に伴って39℃以上の高熱が出現し、発病後24時間以内に嘔吐(おうと)、水様性下痢がみられ、さらに5~8日後にかゆみを伴わない発疹(ほっしん)がみられるのが特徴的である。重症では出血傾向がみられ、8~16病日に死亡する場合が多い。対症療法しかなく、感染防止のためには、感染者は厚生労働省等が指定した感染症指定医療機関に入院し、処置を受ける必要がある。[松本慶蔵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マールブルグ熱の関連キーワード境界人マーメードメルランマールバッハマールブルグ出血熱マハートマー妊娠マークマーチャーシュ聖堂マーリ外マーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone