コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケランジェリ ミケランジェリ Michelangeli, Arturo Benedetti

4件 の用語解説(ミケランジェリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミケランジェリ
ミケランジェリ
Michelangeli, Arturo Benedetti

[生]1920.1.5. ブレシア
[没]1995.6.12. スイスルガノ
イタリアピアニスト。3歳でバイオリンを始め,10歳からピアノを G.アンフォシに師事。 1933年ミラノ音楽院卒業後,一時期医学を学ぶ。 39年第1回ジュネーブ国際ピアノ・コンクールで優勝,A.コルトーに「リストの再来」と称賛された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミケランジェリ

イタリアのピアノ奏者。正しくはベネデッティ・ミケランジェリ。ブレシア生れ。ミラノ音楽院卒業。1939年にスイスのジュネーブ国際音楽コンクールで優勝した。透明な響きと振幅の大きな表現に特徴があり,国際的に多くのファンを獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ミケランジェリ【Arturo Benedetti Michelangeli】

1920~1995) イタリアのピアノ奏者。透明で硬質な響きを特徴とし、振幅ある表現でドビュッシー・ベートーベンなどの演奏に秀でた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミケランジェリ
みけらんじぇり
Arturo Benedetti Michelangeli
(1920―1995)

イタリアのピアノ奏者。ミラノのベルディ音楽院を卒業、1939年の第1回ジュネーブ国際音楽コンクールで第一位となる。第二次世界大戦後の46年から国際的に活動を始め、注目されたが、病気のため一時活動を中断し、60年から再開。演奏会、レコーディングとも厳しく制限している孤高のピアノ奏者で、65年(昭和40)初来日。鋭い感覚から透徹した響きを生み出す一方、緊張した力強い表現も得意にしており、ベートーベンドビュッシーで特異なスタイルを確立した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミケランジェリの関連キーワードエクレシアブレシアブレレンレシピ三角数ブレッシア破れ障子アルナルド・ダ・ブレシアコレクトザローテーションオブレシーブサーブレシーブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミケランジェリの関連情報