コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケランジェリ ミケランジェリMichelangeli, Arturo Benedetti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミケランジェリ
Michelangeli, Arturo Benedetti

[生]1920.1.5. ブレシア
[没]1995.6.12. スイス,ルガノ
イタリアのピアニスト。3歳でバイオリンを始め,10歳からピアノを G.アンフォシに師事。 1933年ミラノ音楽院卒業後,一時期医学を学ぶ。 39年第1回ジュネーブ国際ピアノ・コンクールで優勝,A.コルトーに「リストの再来」と称賛された。第2次世界大戦後の 46年ロンドンでデビュー,一躍脚光を浴び,以来世界各地で演奏活動を行う。レパートリーは古典派,ロマン派からフランス近代音楽などが中心。 64~69年故郷のブレシアでピアニストのための国際アカデミーを主宰。またボローニャのマルティーニ音楽院などで教育活動も積極的に行なった。 92年来日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミケランジェリ

イタリアのピアノ奏者。正しくはベネデッティ・ミケランジェリ。ブレシア生れ。ミラノ音楽院卒業。1939年にスイスのジュネーブ国際音楽コンクールで優勝した。透明な響き振幅の大きな表現に特徴があり,国際的に多くのファンを獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ミケランジェリ【Arturo Benedetti Michelangeli】

1920~1995) イタリアのピアノ奏者。透明で硬質な響きを特徴とし、振幅ある表現でドビュッシー・ベートーベンなどの演奏に秀でた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミケランジェリ
みけらんじぇり
Arturo Benedetti Michelangeli
(1920―1995)

イタリアのピアノ奏者。ミラノのベルディ音楽院を卒業、1939年の第1回ジュネーブ国際音楽コンクールで第一位となる。第二次世界大戦後の46年から国際的に活動を始め、注目されたが、病気のため一時活動を中断し、60年から再開。演奏会、レコーディングとも厳しく制限している孤高のピアノ奏者で、65年(昭和40)初来日。鋭い感覚から透徹した響きを生み出す一方、緊張した力強い表現も得意にしており、ベートーベン、ドビュッシーで特異なスタイルを確立した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミケランジェリの関連キーワードアレクサンドル コブリンマウリツィオ ポリーニマルタ アルヘリッチイヴァン モラヴェツマルタ アルゲリッチイェルク デームスアルヘリッチアルヘリチポリーニイタリアデムス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミケランジェリの関連情報