コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾゴイ ミゾゴイ Gorsachius goisagi; Japanese night heron

3件 の用語解説(ミゾゴイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゾゴイ
ミゾゴイ
Gorsachius goisagi; Japanese night heron

ペリカン目サギ科。全長 49cm。頭上は黒褐色,頸,背,雨覆,尾は褐色,胸腹部は黄褐色で,前頸部から胸腹部には黒褐色の縦斑がある。脚は緑褐色。風切は黒褐色で,先端部は灰褐色。全体としては褐色の地味な鳥である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミゾゴイ

体長50センチほどで体は薄い赤茶色。台湾やフィリピンなどで越冬し、4月ごろ飛来して営巣する。古くは「樋口守り」などと呼ばれ、農村では一般的な鳥だったという。最近は個体数が減少し、環境省のレッドリストでは絶滅危惧2類。

(2014-02-23 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾゴイ
みぞごい / 溝五位
Japanese heron
[学]Gorsachius goisagi

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。一名ヤマイボという。全長約50センチメートル。背面は赤褐色で、背や翼には暗色の細かい虫食い模様があり、下面は淡黄褐色で、のどと腹には黒褐色の縦斑(じゅうはん)がある。繁殖地は日本だけで、本州、四国、九州、伊豆諸島の山林で営巣し、冬はフィリピンや中国南部に渡るが、南日本で越冬するものもある。薄暗い林を好み、林の中の渓流や溝で昆虫類、ミミズ、サワガニなどをとって食べる。夜間ウォー、ウォーと陰気な声で鳴く。巣は樹上に小枝を集めてつくり、5、6月ごろ1腹3、4個の卵を産む。八重山(やえやま)列島からマレー諸島にかけて近縁種のズグロミゾゴイG. melanolophusが分布する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾゴイの関連キーワード薄柿鶉豆毛長鼠象水母車蝦蝉海老煎茶色角蝉バナメイ海老

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミゾゴイの関連情報