コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチヤナギ Polygonum aviculare; bloodwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミチヤナギ
Polygonum aviculare; bloodwort

タデ科の小型の一年草ニワヤナギともいう。世界中の温帯から亜熱帯に広く分布し,原野や路傍にごく普通にみられる。茎は分枝して斜上または直立する。葉は線状楕円形で互生し,基部の葉鞘膜質で細い脈をもつ。春から秋にかけて,葉腋に数個ずつ固まって小さい花をつける。花被は5裂し,緑色であるが,縁は白または紅色を帯びる。果実は3稜形の痩果。近縁種のアキノミチヤナギ P. polyneuronは植物体が白粉を帯び,乾燥すると暗褐色になる点で区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミチヤナギ【knot‐grass】

世界に広く分布し,温帯から亜熱帯の路傍や農耕地に生じる雑草(イラスト)。道端に生え,葉形がヤナギに似るのでこの名がある。タデ科の一年草。全草無毛,茎は直立か斜上し,または地表に伏す。よく分枝し長さ10~40cm,円柱形で多くの縦すじがあり,硬くしなやか。根も深く地中に入るので,踏みつけに耐える。葉は互生し,長楕円形,鈍頭,長さ1.5~4cm。葉柄に関節がある。葉鞘(ようしよう)は白膜質で裂ける。花は茎の伸長ともない展開した葉の葉腋(ようえき)の花鞘に,5~6個を順次つけていくので花期は長く5~10月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミチヤナギ
みちやなぎ / 路柳
[学]Polygonum aviculare L.

タデ科の一年草。全体無毛で緑色、乾いても黒変しない。茎は基部で分枝して立ち上がり、高さ10~40センチメートル、縦条が多く節は膨れる。葉は短柄があって互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~4センチメートル、先は丸みを帯び、茎とともに無毛で、裏面は中央脈が浮き出る。葉鞘(ようしょう)は膜質で不規則に細裂し、細脈がある。7~9月、葉腋(ようえき)に緑色の小花を数個束生する。花被片(かひへん)は5枚で、縁(へり)は白色または桃色を帯びる。痩果(そうか)は三稜(りょう)形で細かい皺(しわ)があり、花被片に包まれる。道端に普通に生える雑草で、日本全土、および北半球の温帯、亜熱帯に広く分布する。名は、葉形がヤナギに似て、道や庭に生えることにより、別名ニワヤナギ(庭柳)ともいう。若葉は食用となる。また全草にケイ酸を含み、乾燥して黄疸(おうだん)、腹痛、虫下しなどに用いる。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミチヤナギの関連キーワードタデ(蓼)クロボキン極地植物萹蓄庭柳道芝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミチヤナギの関連情報